無料の会員登録をすると
お気に入りができます

片手でもセルフで簡単にできる!王道フレンチにプラスして♡こっそり輝くオフィスネイル

ビューティ

ネイルデザインの定番中の定番、“フレンチネイル”。逆フレンチに斜めフレンチ、バルーンフレンチ、ハートフレンチなどフレンチネイルの進化デザインは本当にたくさん。今回は、王道のタイプに少しの遊び心を入れてみました。セルフで片手でもできる上に、TPOを問わない落ち着いた雰囲気に仕上がります。

使用するもの

・ポリッシュ2~3本
・お好みのパールやストーン 等

こっそり輝くオフィスフレンチ 使用カラー

左から
・ACネイルエナメルD76
・キャンメイクカラフルネイルズ77アンティークホワイト
・TMシュガーネイルミルク

画像のこの2色。どちらも2度塗りなのですが下が透けて見えるほど薄いカラーです。

シアーピンクのネイルカラーは100均のもの。とあるサロンポリッシュの神カラーに瓜二つ!と一時期大変話題になりました。右のシアーレッドはインテグレートグレイシィ92。こちらも“血豆ネイル”や”おフェロネイル”として大人気に。

こういったカラーを持っておくと、ごくナチュラルなネイルには勿論、今回のような全面塗りアートではないデザインのベースカラーに使えます。

ストーンフレンチ 手順

① ベースコートを塗った爪にAC76のシアーピンクをお好みの濃さになるまで塗ります。
元々の爪の色にもよりますが、今回は主役カラーとしての使用ではないので1~2度塗りをオススメします。

② 爪の先端の白い部分と同じような形にシュガーホワイトを塗ります。こちらはキレイにライン取りする必要はなく、ざっくりでOK。

③ ホワイトが乾ききらないうちに、クリアカラーストーンやパールパーツを乗せていきます。途中カラーが乾いてきてしまったら糊代わりのトップコートをちょんちょん付けながら、シュガーホワイトに敷き詰めるようにパーツを置いていきます。隙間はブリオンが便利です◎

④ 今回トップコートは“セシェヴィート”という、ジェルネイルのような仕上がりになるとろみのあるタイプのものを使用しました。通常タイプですとストーンがきちんと固定されない可能性があるので、このようなトップコートは1つ持っていると大変便利です。

フレンチネイルガイドシールはマニキュアでのセルフネイルの救世主。
これでマスキングすることによって、利き手にもキレイなラインのフレンチネイルを施すことができます。

王道フレンチネイル 手順

① ベースコートを塗った爪にシアーピンクを塗ります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ