無料の会員登録をすると
お気に入りができます

雛形あきこさん「溺愛してくるダンナとの幸せな暮らし方」

恋愛・結婚

ステイホームでクローズアップされてきた夫の変なところ……。こちらの常識が通用しない、そのサマはまさに宇宙人。どうすれば心地よく一緒にいられるの? その答えは元祖・宇宙人ダンナを転がすスゴ妻に! 〝モヤッと〟に効く薬、ありますよ。今回は。雛形あきこさんに伺いました。
▼あわせて読みたい

ひろゆきさんの妻・西村ゆかさんの夫婦論「わかり合えないのが当たり前」

目次

★ 溺愛ダンナをもつ女優・雛形あきこさんに聞きました
★ 細かすぎる夫とマイペースで大雑把な私。 役割分担して補い合っています

溺愛ダンナをもつ女優・雛形あきこさんに聞きました

夫の独特な個性も、自分にはないチャームポイントとして捉え褒めて伸ばしていくこと。子育てに近しくもありますがなんだかいい関係なんです。

雛形あきこさん
女優、タレント。東京都出身。1992年ドラマで女優デビュー。ドラマ・舞台・バラエティで活躍中。公式インスタグラム@akiko-hinagata

『画狂人 北斎』宮本亞門演出。江戸時代の葛飾北斎と娘・お栄の親子関係を軸に取り巻く人間模様を現代も絡めて描く。2023年2月~

https://no-4.biz/hokusai2023/

細かすぎる夫とマイペースで大雑把な私。 役割分担して補い合っています

コロナ前から夫とは仕事以外でもずっと一緒。特にステイホーム中は、〝ずっとママいる! 嬉しい〟と喜んでいました。美容院にまでついてきた時には、最初はなんで? と思いましたが、ちっちゃい子のように、同じ空間にいるだけで安心するみたい。
夫につけられているGPSも周りにはドン引きされますが気にしていません。私の安否確認をしてホッとしているんだろうなぁと。夫が幸せそうなので、それでいいと思っています。
私たち夫婦は性格が正反対で、マイペースで大雑把な私と細かい夫。家庭内では、世帯主としての決定権は私にあり、夫は生活の細かいところのカバー、と役割分担がはっきりしています。これは出会った時から自然としっくりきたところ。
一緒にいても特に喧嘩はありませんが、唯一困っているのは私の不要物を捨ててくれないことです。思い入れが強すぎて、私が使った物が私の分身に見えてしまうよう……。ただ、人や物に対する、そこまでの思いの深さは私にはなく、特に家族を大切にする姿は改めて素晴らしいと感じています。
例えば、両家の親を含めた家族旅行を夫が計画してくれたり。娘とも、毎晩3人でベッドに寝転がってその日の出来事や悩み相談など、年齢・性別関係なく話をするようにしています。
私たち夫婦は、はたから見たら理解し難い関係かもしれませんが、お互いがポジティブに認め合っていればそれが幸せ。安心、信頼し合える仲の良い友達のようなパートナーであり続けたいと思っています。

とにかく沢山話をして家族全員が同じ方向を向いていれば、それが幸せです。

タートルネックカットソー¥23,100(CINOH)タキシードドレス¥59,400(Room no.8 BLACK)ピアス¥27,500パールネックレス¥38,500シルバーペンダント¥31,900リング¥16,500(すべてRieuk)
撮影/吉澤健太 ヘア・メーク/野口由佳(ROI) スタイリスト/浅川久美 取材/竹永久美子 ※情報は2023年1月号掲載時のものです。

おすすめ記事はこちら

モデル春香さん・小説家平野啓一郎さんインタビュー(前編)―― 夫婦は他人、お互いの違いを合わせる必要なんてない【夫婦のカタチ】
リモート夫と毎日を楽しむためのTO DO LIST 10!
夫と10年以上家庭内別居。このままでいいのでしょうか【ジェーン・スー×HARUKOの人生相談Vol.43】
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ