無料の会員登録をすると
お気に入りができます

春カラーにゴールドでセルフで簡単な大人ドットフレンチネイルのやり方

ビューティ

ネイリストのryoです。季節を問わず不動の人気のドット柄。ホログラムやドット棒で簡単にアート出来るのでセルフでも取り入れている方が多いですね。ただ、ドットだけだとかわいいイメージがあり、手元だけが浮いてしまいがち。そこで今回は、大人女子にも取り入れやすいおしゃれなドットネイルをご紹介します。

春カラーで大人ドットフレンチネイルの使用ネイル

春カラーのコーラルピンクとシマーペールアクアのコンビにパールベージュで落ち着きを入れ、ゴールドで大人オシャレに仕上げます。

・GENEネイル#21 ゴールド
・GENEネイル#5 パールサンド
・サンリオコラボネイル#13 シマーペールアクア
・サンリオコラボネイル#9 コーラルピンク

春カラーで大人ドットフレンチネイルのやり方

ベースコートを塗ります。
爪の色や傷が気になる方はコンシーラーや薄いピンクなどを塗るときれいに仕上がります。

ベースコートがある程度乾いたらアルミホイルにカラーを垂らし、爪楊枝でドットを描いていきます。

爪楊枝のお尻の部分にカラーをとり爪の先端に大きいドット、下に行くにつれて小さいドットを意識しながら乗せていきます。
大きいドットは爪楊枝のお尻でぐるぐる円を描くようにするとキレイな円になります。
(同じ要領でドット棒でも可能です)

コーラルピンクも同様にドットを描きます。
1つ目のカラーが乾いていない場合、上から2つ目のカラーを乗せたときに滲んでしまうことがあるので重ならないようにのせます。

ドット同士が重なり合ったデザインにしたい場合は、1つ目のカラーが完全に乾いてから次のドットを描いてください。

隙間を埋めるために、パールサンドでドットを描き、さらにゴールドを間に入れました。
ゴールドはグリッターのためはっきりとした円にはならないので、爪楊枝の先端を使用してちょんちょんと小さいパーツのような感じにしました。

カラーを乗せた段階だと凹凸もあり微妙な見た目ですが、最後にトップコートで覆うと一気にまとまり感がでてとってもキュート!

そしてドット以外の爪はシンプルに、でもゴールドで簡単フレンチです。
専用テープもマステも使いません。

まずは中心部分。フレンチのエンドライン(幅)に刷毛を垂直に置いたら一気に手前に真っすぐ引きます。

次にサイド。刷毛をエンドラインにおいて一気に引きます。
反対側も同様です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ