無料の会員登録をすると
お気に入りができます

日本語のままでも通じる!? 日本語由来の「簡単英単語」4選

「社会人になってから、学生時代に学んだことを勉強し直したくなった」という声を多く聞きます。そんな学習欲が高まっているあなた、今日はナユタスby東進ゼミナール東京北千住校長・津田翔也さんと一緒に“英語”を楽しく学びましょう。

監修・NAYUTAS by 東進ゼミナール 東京北千住校長 津田 翔也

ライフスタイル

日本語由来の「英単語」

あなたは普段、どれくらい“英語由来の日本語”を使っていますか? おそらくほとんどの方は、意識したことがないと思いますが、グローバル化が進み文化の流入が活発になり、様々な英語由来の言葉が日本語の一部として浸透し、無意識のうちに“カタカナ英語”として使用されています。

もちろん入ってくる言葉もあれば、出て行く言葉もあります。代表的な例として、日本語の「班長」から”honcho(発音:ハンチョ/ホンチョ)”という英語が誕生しました。「リーダー」「責任者」という意味で、日本とほぼ同じ使われ方をしています。

最近では、日本食や文化の世界的なブームにより、“sushi”(寿司)や“tempura”(天ぷら)、“kimono”(着物)、といった言葉も広く浸透しました。こで今回は、“日本語由来の英語”をご紹介します!

bokeh「ボケ」(発音:ボケ)

悪口ではありません。写真撮影の技法の一つとして、被写体に焦点をあて、背景を「ボカす」方法があります。

その「ボケた」部分のことを“bokeh”といいます。

ボケ味の良い写真を撮ってもらったら、

“Your picture has nice bokeh”「あなたの写真のボケいい感じね!」

と言ってみましょう!

karoshi「過労死」(発音:カロシ)

「働きすぎて死ぬ」という概念がない、欧米・欧州の人は、“death from overwork”「働きすぎが死因」という表現がピンとこないもの。

そのまま“karoshi”という表現を用いて、日本の社会問題を取り上げています。

soy「大豆」(発音:ソィ)

ソイラテ、SOYJOYなど、よく耳にする“soy”という言葉も、日本語からきていると言われています。

諸説ありますが、「醤油」という言葉が海外に伝わっていく過程で今の発音になったそうです。

rickshaw「人力車」(発音:ゥリクショー)

人力車(jinrikisha)という言葉が短く、またスタイリッシュになり今の言葉になりました。

“I tried a rickshaw at Asakusa.”「浅草で人力車に乗ったわ」
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ