無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[洗濯の裏ワザ]洗濯ネットは形状で使い分けるべき!「丸型」「四角型」「網目のサイズ」

大切な服や汚れた服を入れて洗うのに便利な洗濯ネット。しかし、いざ使おうとすると、形が丸かったり四角かったりと色々な種類があって、どのように使い分けていいか迷いますよね? 今回、そんなちょっとした疑問「

saitaPULS編集部

ライフスタイル

「洗濯ネット」の使い分けをしていますか?

家に複数ある洗濯ネットを見比べてみると、網目が大きかったり小さかったり、形が丸かったり四角かったり、色々な種類がありますよね? そんな洗濯ネットの種類を使い分けると洗濯上手への近道にも! ちょっとしたことですが、知っておけば洗濯が楽しく効率的にできるようになりますよ。

丸型の洗濯ネットは「汚れを落としたい衣類」に

丸いネットは、洗濯機の中で洗っている間にネットの中で衣類がよく動くため、とても汚れが落ちやすいです。ただし、洗濯ネットの中で衣類がしっかり動く分、シワができやすく、生地も傷みやすくなります。 ですので、丸いネットには定期的に買い替える消耗品や汚れてしまった子ども服などを入れて洗うのがオススメです!

四角型の洗濯ネットは「長く大切に着たい衣類」「デリケートな衣類」に

四角いネットは、中で衣類があまり動かないため、丸いネットと比べると汚れが落ちにくくなります。半面、生地は傷みにくいのがメリット。お店で販売しているように服を畳んで四角い洗濯ネットに入れてくださいね。型崩れや生地の傷みが少ないので、長く着続けたいお気に入りの洋服は四角いネットに入れて洗うのがオススメです!

洗濯ネットの網目の大きさの意味

洗濯ネットの網目に関して言えば、網目が大きいネットは、汚れが落ちやすいけど衣類が傷みやすい」「網目が小さいネットは。汚れが落ちにくいけど衣類も傷みにくい」となります。

どちらも一長一短ある洗濯ネット。洗濯ネットの種類に適した洗濯物を選んで洗濯することで、より効果的な洗濯ができるようになります。皆さんもぜひ試して、洗濯上手になってください!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ