無料の会員登録をすると
お気に入りができます

光を味方につける!ドラマティック顔さんのオフィスメイクは赤基調が正解

メイク

オフィスに多い蛍光灯の下では、顔色が悪く見えがち。 「MAQUIA」6月号では、ドラマティック顔さんの蛍光灯に映えるメイクテクをご紹介。血色感は与えつつ、過度な甘さは抑えるのがポイントです。

シンプル顔&ドラマティック顔 自然光/蛍光灯/ダウンライト 3つの光を味方につける、 メイクの成功ルール

初夏の強い日差し、オフィスの蛍光灯、ロマンティックな間接照明……どんな場面でもパーフェクトなキレイを手に入れるために。光に映えるメイクをレッスン。

HAIR & MAKE-UP ARTIST

林 由香里さん

繊細なメイクテクと効かせどころを押さえたメイク理論、そして抜群のセンスを持ち、各誌で引っ張りだこ。瞬時に、今どきの洒落顔に仕上げてくれると評判。

シンプル顔・ドラマティック顔

顔タイプ別

メイクの成功ルール

ドラマティック顔

□パーツが大きめ
□華やかな印象
□メイクすると派手に

蛍光灯の光

清潔感のある血色肌 × ドラマティック顔の成功ルール 甘すぎない暖色でイキイキと魅せる

「ドラマティック顔は、顔色が悪く見えないようメイクに血色感はプラスしつつも、過度な甘さは抑えたいところ。鍵となるのは色選び。アイシャドウとリップは、ピンクよりも赤を基調としたセレクトに。チークのみ、顔色をぱっとよくする彩度高めのピンクを一点投入。チークは丸く入れるとカジュアルに見えるので、オフィスなら斜め上に入れて」

目 ほのかな赤みのヌーディEYE

手持ちのブラウンのアイライナーでインラインを引く。パレット右上の薄いオレンジをまぶた全体に入れたら、左上の淡ピンクをアイホールに重ね、右下の締め色を目頭から目尻のキワに細く引いていく。下まぶたは、左上を目頭1/3のみに。
明るい血色と輝きニュアンスを与える、洗練パレット。サンク クルール〈ワイルド アース〉 696¥7700/パルファン・クリスチャン・ディオール(5/3限定発売)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ