無料の会員登録をすると
お気に入りができます

産後セックスを楽しむ方法!子供がいる家はセックスどうしてる

産後セックスの悩み:子供が一緒に寝ているのに、どうやってするの?

添い寝が産後セックスレスの原因?

日本のカップルの4割がセックスレスといわれる「セックスレス大国」ニッポン。特に夫婦間においては、子供ができたあとの数年間が、将来にわたってセックスし続ける夫婦になるか、セックスレス夫婦になるかの大きなターニングポイントになります。

産後の妻のホルモンバランスの変化、立ち合い出産による夫の性欲減退、夫婦が「男性・女性」ではなく「父親・母親」になってしまう意識の変化、子育ての疲労や多忙さ、子供ができたことによる生活リズムの変化など、夫婦の心と体の様々な要因が挙げられます。

しかし、そのほかにも注目すべき原因があります。それは欧米とは違う、日本独特の事情である「住宅環境」と「添い寝の習慣」です。

実際、「子供が一緒に寝てるのに、どうやってセックスをしたらいいの?」とお悩みのご夫婦も多いのではないでしょうか? そこで今回は、特にこの2つに絞って、子供のいる夫婦がセックスレスになる原因と対策を考えてみましょう。

子供と一緒に寝ていますか?

日本に子供と一緒に寝ている親が多いのは、「親子が別々で寝る十分なスペースがない」という住宅環境のせいかもしれません

お子さんをお持ちの皆様、お子さんが何歳ぐらいまで添い寝をされていましたか? あるいは「添い寝」ではないけれど、「川の字」の形で、夫婦と子供がみんなで一緒に寝る就寝スタイルですか?

欧米では子供がかなり小さいうちから子供部屋に1人で寝かせ、夫婦は主寝室で寝る、というやり方が一般的です。一方、日本ではお子さんと母親、または両親が一緒に就寝することが多く見られます。

一緒に寝た方が、お子さんの情緒が安定する、何か変化があってもすぐに気付ける、などの声もありますが、実際のところは「親子が別々で寝る十分なスペースがないから」という住宅環境の理由が大きいのかもしれません。

子供との添い寝で犠牲になるのは「夫婦の夜の生活」

いつ子供が目覚めるかわからないという状況だと、セックスしたくてもできないという状況に……

時折、「子供が寝ていても構わずやっちゃいます」という豪快な夫婦の例をうかがいますが、やはり、激しく動かないようにするとか、声を出さないようにするとか、それなりの制約が出てきます。

「いつ子供が目覚めるかわからない」というスリルが「刺激的で萌える」という男性もいるようですが、やはり「気になって、なかなかセックスに集中できない」という女性も少なくありません。そうなると、多くの夫婦が「せっかくやる気があってもセックスができない」という環境に陥りがちです。

ではこのような状況をどのように解決するのか? お子さんの成長段階や住まいの間取りによって、さまざまなな工夫が考えられますが、参考になりそうな先輩夫婦たちの声を集めてみました。

産後のセックスを楽しむ方法1
子供が寝たら別の部屋に移動する

子供が寝たあとの移動先として人気のお風呂場

子供がいてもセックスを楽しむ方法・1つ目は、「とにかく子供が寝たらどこか別の部屋に移動してする」方法です。新生児のころは、まとまって寝ない子もいますが、少し大きくなれば眠りも深くなり、まとまってきます。子供が寝付いたところで夫婦で別の部屋に移動。そこでセックスをしてまた元に戻って寝る。というパターンです。

移動先は住まいの間取りによってさまざま。「夫婦の部屋」「和室」などで、ソファーの上や予備の寝具を使って、あるいは畳のままで……という声が多かったです。また、台所やお風呂場などで、そのシチュエーションを生かして、新しい体位やプレイを試してみるというカップルもいました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ