無料の会員登録をすると
お気に入りができます

テク要らずでいつものセルフメイクを格上げできる!プロ太鼓判の優秀コスメ

メイク

数回重ねて調整するだけ!シェーディング

ベタッと一回で色が付くシェーディングは、上手くぼかせないと自然な仕上がりにできないのがネック。使いこなせないと、濃い茶色がフェースラインにくっきり…なんてことも。

そこで、ここでは薄付きで、重ねて好みの濃さに調整しやすいシェーディングをご紹介します。

私の今のおすすめはルナソルのシェイディングチークスN。ブラシにとって、耳の下から顎にかけてのせていきます。

境界線がつきにくく、初めて使う人にもぜひ試していただきたいシェーディング。

・LUNASOL/シェイディングチークスN(2,500円・税抜)

艶の欲しい部分にトントンとのせるだけのハイライト

鼻筋の光を集めたい部分に指でトントンとのせるだけで、鼻をスッと高く見せることができるのがシャネルのボーム エサンシエル スカルプティング。頬骨の高い部分や目頭、まぶた、唇など、艶を出したい部分にも使えます。鼻筋には細めにのせるのがポイントです。鼻先までのせてしまうとテカっているように見えてしまうので、鼻筋の中間だけに。

・CHANEL/ボーム エサンシエル スカルプティング(5,500円・税抜)

肌を簡単に綺麗に見せられる優れモノ!

ミシャのクッションファンデーションはコスパが良くて質もGOOD!3種類から仕上がりを選ぶことができます。

スキンケア後に肌にのせるだけでムラをカバー。下地不要のクッションファンデーションでも下地を使った方がさらに肌のキメが滑らかに見えるので、できるなら下地を使うことをおすすめしています。

私のおすすめは“プロカバー”のNo.23自然な肌色。カバー力がある分、色もしっかりつくので、私は白浮きしないように暗いほうの色を選ぶようにしています。

・MISSHA/M クッションファンデーション プロカバー(1,500円・税抜)

自然で明るい涙袋が作れるパールシャドー

控えめなパール感と肌に馴染むオレンジベージュのアイシャドー。ケイトのザ アイカラー 011は、下まぶたに指でスッと入れるだけでふっくらした涙袋を作れます。

このザ アイカラーのシリーズは単色で売られているので、好みの色を選べるところが良いですよね。夏はラメ入りの005(ゴールド)も素敵ですし、マットタイプのシャドーも色が豊富です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ