無料の会員登録をすると
お気に入りができます

惨めすぎる… 不倫男が女に送る「冷酷心変わりLINE」3選

恋愛・結婚

1:「はぁ?何のことですか」

「職場の男性と不倫をしていたころの話です。関係が始まって3ヶ月くらい経ち、彼の様子が変だと感じるようになりました。でも、別れたいような気配もなかったので、気にしてはいませんでした。
そんなあるとき、週末のデートの約束について『予定通りで平気?』と確認したところ、すぐに既読になったのに、そこから半日もスルーされてしまいました。そのあげく『はぁ?何のことですか』と、まるで別人のような冷たい返事が届きました。
彼になにが起こったのか私はわかりませんが、今までこんな態度を取られたことはなかったので、本当に動揺しました」(30歳女性/印刷)

彼にどんな事情があったのかは知る由もありませんが、いきなり別人のような冷酷な返信をするような人は、人格を疑ってしまいます。

2:「あなたのことは存じ上げませんが…」

「以前、飲み会で知り合った男性と、不倫のような関係になったことがあります。月に1回くらいのペースで、どちらかがムラムラしたときに連絡してデートをしていました。
そんな関係が1年ほど続いたある日のことです。そのときは私から彼にLINEをすると、『あなたのことは存じ上げませんが…』というLINEが返ってきたのです。
一瞬、送信する相手を間違えたかと思いましたが、アイコンも登録名もその不倫相手のもの。私との関係を終わらせたいんだな……と悟りました」(37歳女性/サービス)

不倫の関係を清算するにあたり、ちゃんとした別れ話をせずに突然態度を豹変させる男性もいます。相手の気持ちを考えない、あまりに自分勝手な行為がむしろ哀れですね……。

3:「キミのことは好きじゃなかった」

「以前付き合っていた不倫相手は、『愛してる』『俺を理解できるのは、キミしかいない』などと甘い言葉で私を喜ばせるような人だったので、彼が私を本気で愛していると思い込んでいました。
しかし、ある日いきなり『ごめん。キミのことは好きじゃなかった』というLINEを最後に、音信不通になってしまいました。
彼にとって、私はLINEひとつで終わるようなどうでもいい女だったのかと思うと悔しくて……。しばらく引きずりました」(34歳女性/イベント関係)

不倫では、ちょっと前まで「好きだ」と言っていた男が、手のひらを返して「好きじゃない」などと言うこともあります。

彼としては、後腐れなく別れるための作戦だったのかもしれませんが、女性にとってはトラウマになりかねません。

心変わりした不倫男の中には、冷淡なLINEを女性に送りつける人もいます。

不倫は将来のない関係ですが、あまりにもひどいLINEが届けば、女性には大きな心の傷になります。そんな関係に陥らないよう、くれぐれも気を付けてくださいね。

© Maridav / shutterstock
© ImYanis / shutterstock

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ