無料の会員登録をすると
お気に入りができます

シェルや極小スタッズが新鮮♡『囲みネイル』のデザインバリエ

ネイル

爪の周りにシェルを並べてアートする囲みネイル

itnail.jp

囲みネイルというと、爪の周りを好きなカラーやラメで囲んだり、ストーンやチェーンで囲んだり、といったデザインをイメージしがちですよね。そういった一般的なデザインももちろん素敵なのですが、もう少し工夫を凝らしたデザインにもチャレンジしてみませんか?

例えば、爪の周りにぐるりと一周、クラッシュシェルを並べるデザインはいかがでしょうか。シェルというと「夏」のイメージがありますが、最近はブラウンやグレー、マスタードイエロー、パープル、といった渋い色味のものもありますので、晩夏~秋にかけても十分楽しめるかと思います。

クリアやクリアカラーをベースにしてシンプルに仕上げたり、ブラウンやネイビーをベースにして重厚感のある仕上がりにしたり、というようにベースカラーも工夫してみてくださいね!

itnail.jp

ミラーカラーの立体アートで作る囲みネイル

itnail.jp

囲みネイルは、3Dアートとミラーアートの技法を取り入れて作るのもおすすめです。

アートのやり方は簡単で、まずはベースアートをした爪の周りに、イクステンションジェルもしくは3Dアート用のジェルを使い、立体的なラインを描きます。あとはそのライン状にミラーパウダーを重ねるだけで、ミラーカラーの立体囲みネイルの完成です。このデザインは囲みアート部分が目立ちますので、ベースはワンカラーネイルやグラデーションネイル、クリアカラーネイルといったシンプルなデザインにすることをおすすめします。

丁寧に工程を重ねればセルフでも簡単にアートできますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

itnail.jp

極小サイズのスタッズで作る上品な囲みネイル

itnail.jp

爪の周りにストーンやパールを並べた、キラキラの囲みネイル。とても可愛いのですが、オフィスシーンでは派手すぎて使いにくい場合もありますよね。そこでおすすめしたいのが、極小サイズのスタッズを使ってアートする囲みネイルです。

例えば、ベースデザインをスキンカラーのワンカラーネイルにして、爪1本だけに極小サイズのスタッズを使った囲みアートをプラスするデザインはいかがでしょうか。爪の根元にスタッズを1粒あしらったり、ストーンやパールと組み合わせてポイントアートをしたりといった、定番のデザインとはひと味違う、素敵なネイルが完成しますよ♪

Itnail編集部

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ