無料の会員登録をすると
お気に入りができます

後輩が先に結婚!イタい先輩にならないための7つの言動

もしも、後輩が自分より先に結婚することになったと知ったら…?独身女性だったら、きっと焦りを感じてしまうかもしれません。でも、だからと言って恥ずかしい言動をしていると、後輩からも周りからもイタい先輩だと思われてしまうかもしれませんよ!

2016年3月
恋愛・結婚

後輩からの結婚報告!その時の気持ちは?

まだまだ結婚の予定なんてないのに、後輩から突然の結婚報告が!そんな時のあなたの気持ちは?素直におめでとうと言えますか?正直言って、焦ってしまう部分もなきにしもあらず…という方も多いはず。

でも、一人の大人の女性として、そして先輩として感情をむき出しにしてしまうのはNGです!イタい先輩だな、と思われないための言動をあらかじめチェックしておきましょう。

1.「おめでとう」は感情をこめて

結婚報告をした時に、「おめでとう。」と抑揚のない声で言われたら、相手はどんな気持ちになるでしょうか?

いくら心の中で焦っていたとしても、祝福の言葉「おめでとう」は必ず感情をこめて言いましょう。突然の報告に驚いたとしたら、驚きの表情を出すのはもちろんOK!

驚いたけれど、おめでたいねという気持ちが相手に伝わるようにしましょう。

2.結婚年齢について否定的に言わない

後輩が自分よりも若いからといって、「その年齢で結婚を決めちゃったの?」「まだまだこれからなのに…」などと年齢に対して否定的な意見を言うことはやめましょう。

後輩の結婚する基準はあくまでも後輩カップルのタイミングであって、あなたが基準ではないのです。年齢のことにこだわってばかりいると、逆にあなたの年齢が目立ってしまうことになります。

3.相手のことを根掘り葉掘り聞き出す

後輩の方から詳しく話してきたわけではないのに、「何の仕事?」「年収はどのくらい?」「長男?次男?」などと相手のことを根掘り葉掘り聞き出すのは失礼です。

興味があったとしても、後輩の方から話してくれるまで待ちましょう。

まして、「○○の職業の人は浮気性だよね~」とか、「収入少ないと苦労するよね~」などとマイナス的なことを口にするのもNGです。相手のことをよく知らない人に評価されるのなんて、誰だって嫌ですよね。

4.仕事上は今まで通りに接してあげて

結婚の報告を聞いた途端に、突然その後輩に対して口調が厳しくなったり、はたまた会話が少なくなったり。明らかに今までと違う態度が出てしまうことにならないようにしましょう。

記事に関するお問い合わせ