無料の会員登録をすると
お気に入りができます

恋する前にヘトヘト…「出会いを探す女性」に潜むストレス3つ #33

恋愛・結婚

【おおしまりえの恋愛道場】vol. 33

マッチングアプリ疲れが起きたら手放したい心、やめたい行動

気軽な出会いとして利用者が増えているマッチングアプリ。でも使ってみると、だんだん相手を探したり会ったりするのが疲れてくることってありませんか? なかには「マッチングアプリ疲れ」を起こし、婚活自体をストップさせてしまう人も……。

せっかくの便利なサービス。効果的に使うためには、この疲れをうまく解消する必要がありそうです。ではいったい、マッチングアプリの疲れを解消し、より良い出会いを引き寄せるにはどうしたら良いのでしょう。

なぜマッチングアプリ疲れは起きるのか?

便利なサービスとわかっているのに、使うほどに疲れていくマッチングアプリ。ではなぜ、人はマッチングアプリで疲れてしまうのでしょう。そこには3つのストレスが潜んでいます。

判断するストレス

AにするかBにするか。生きるとは日々何かを決めることの連続です。今日のご飯。着る服。どのルートで行くか。何を話すか。何をするか。1つ1つは無意識に行っているものですが、この判断が多ければ多いほど、人はストレスがかかった状態になるといわれています。

今日食べるものを決めるくらいならまだ良いのですが、恋人探しを日々の生活の中に組み込むと、当然大きな決断のストレスが日々かかっていきます。「この人は合いそうかな」「この人はいい人そうだな」「この人は安定した収入があるな」などなど数秒に1回判断していく行為は、当然頭と心を疲れさせていきます。

着飾るストレス

マッチングアプリを利用する際、お相手にいい印象を持ってもらうため、大なり小なり人は自分を良く見せようとします。そんな気遣いの塊モードでメッセージのやり取りをすると、そりゃあ人は疲れます。疲れるどころか、「わかり合えてないから意味がない」とすら思うことも。

1番は普段どおりの自分を見せることが大事ですが、コミュニケーション慣れしていない人はそうもいかないため、だんだんとアプリ疲れがたまっていきます。

時間と成果のアンマッチストレス

仕事や運動などは、かけた時間と結果がリンクしやすいものです。しかし恋愛に関していうと、突然結果がバーンと出ることもあれば、時間をいくらかけてもいい結果に結びつかないことが多々あります。この時間と成果のバランスが見えない時期は、人はどうしても不安になっていくものです。

3つのストレス要因をご紹介しました。みなさんはこれらストレス、自覚していますか?

アプリ婚活がうんと進む2つのコツ

先ほどご紹介した3つのストレスは、意識することで多少緩ませることができます。それとあわせて、アプリ疲れを取り除き、マッチするチャンスをうんと広げる2つのちょっとした“裏ワザ”もご紹介します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ