無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お泊りデートで…寝起き時に言われて「恥ずかしかったコト」4選

恋愛・結婚

イビキがすごい

「起きて、“イビキがすごかった”と言われたときは恥ずかしかったですね。注意はしてたんだけど……。しかも彼が、“ズコズコ……ズコッ”と音をリアルに再現してきて、本当に嫌でした」ユウカ(仮名)/27歳

イビキは自分では気付きにくいですから。ほかの人に指摘されても、嘘でしょう……と思ってしまうこともあるはず。でも男性のなかには、その無防備な姿が嫌ではないという意見も、意外と多いです。

毛布を奪われた

「私は、寝ているとすぐ人の毛布を奪ってしまうようです。彼からよく、“昨日は寒かった”と報告を受けます。本当に申し訳ない……。そのため最近では、毛布がもう1枚用意されています」マイコ(仮名)/29歳

本来なら、彼のほうに毛布をかけてあげるような気遣いを見せたい場面。そこで、奪ってしまうようだと、少しマイナスなイメージにつながってしまうかもしれません。起きた後のフォローをしておきたいものですね。

トイレが近い

「私はトイレが近く、寝ている間に2~3回行ってしまうことがあります。それを、彼に指摘されたときは、恥ずかしかったですね。“歳を取ったらどうなっちゃうの”と心配されています」アカネ(仮名)/28歳

トイレの回数が多いと、年齢を感じさせてしまうのかもしれません。そのたびに起こされたりするのも、彼としては嫌でしょうね。彼女としても、迷惑をかけるのは避けたいところかも。

誰かの名前を呼んでいた

「彼と寝ているとき、夢に元カレが出てきたことがあります。翌日彼に、“誰かの名前を呼んでいた”と言われました。ドキッとしました。もしかしたら、元カレかも……と。名前を教えていなくて良かったと思いました」アユミ(仮名)/29歳

寝言を言ってしまうタイプの人もいますよね。それだけなら恥ずかしいだけで済みますが、元カレの名前を呼んだら一大事。寝言を言う自覚のある方は、元カレの名前を明かさないというのも対策のひとつでしょう。

“寝起き時に彼に言われて恥ずかしかったこと”をご紹介しました。

笑い話で済めばいいですが、済まないケースもあるでしょう。何か危険そうな要素を持っている方は、一緒に寝る前にあらかじめ申告しておいたほうが、ダメージが少なくて済むでしょう。

© Africa Studio / Shutterstock
© Peter Cade / Shutterstock
© LightField Studios / Shutterstock
© goodluz / Shutterstock

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ