無料の会員登録をすると
お気に入りができます

”一人一鍋”?新感覚居酒屋が渋谷に登場

グルメ

人気の居酒屋チェーン「塚田農場」を運営するエー・ピーカンパニーが、“一人一鍋”がコンセプトの新業態ブランド「しゃぶしゃぶ つかだ」を2019年11月1日(金)にオープン。厳選したお肉とこだわり野菜を、一人一鍋でじっくりと楽しめる新感覚居酒屋です。

「しゃぶしゃぶ つかだ」渋谷スクランブルスクエアにオープン

「しゃぶしゃぶ つかだ」は、一般的な大人数でシェアをするしゃぶしゃぶスタイルではなく、“大人のための空間”をつくりたいという想いから、一人一鍋スタイルにした新しい形のしゃぶしゃぶ店。すべて国産であつらえた上質なお肉や、香りや食感を味わえる旬のこだわり野菜とともに、“自分のための一鍋”という贅を心ゆくまで楽しめます。

大注目の新ランドマーク「渋谷スクランブルスクエア」に出店し、アクセス抜群なのも魅力的。男女問わず幅広い年齢層に支持されるお店になりそうです。

自慢の極上肉を思う存分楽しめる

厳選されたお肉は、どれもとろけるような味わいの上質なものばかり。ランチでもディナーでも自慢の国産肉を味わえます。

A4 黒毛和牛肩ロース

霜降りが適度に入った柔らかな肉質が特徴の「A4 黒毛和牛肩ロース」。きめの細かい舌触りと、脂のまろやかな旨味を楽しんで。

A5 黒毛和牛ブリスケ

「A5 黒毛和牛ブリスケ」は、脂と赤身のバランスに優れた部位で、味わい深く食べ応えのある肉質。噛むほどに旨味とコクが溢れます。

神戸ビーフ

きめ細かで旨味たっぷりの脂と上品な甘みの赤身の「神戸ビーフ」。下の上でとろけるような食感は、厳しい品質基準の中で育てられる神戸ビーフならではの味わいです。

ゆめの大地肩ロース

北海道の広大な土地と良質な水、雄大な環境の中で育つ、銘柄豚「ゆめの大地」は柔らかい肉質にくわえて、ほんのり甘い脂身が特徴です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ