無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ポイント業界が一変!?au WALLETポイントがPontaポイントに統合

ライフスタイル

2020年5月下旬に大きなポイントの統合が行われます。auのポイントであるau WALLETポイントがPontaポイントに統合されるのです。

2020年5月下旬に大きなポイントの統合が行われます。auのポイントであるau WALLETポイントがPontaポイントに統合されるのです。

au WALLETポイントとPontaポイントの統合で大きくポイント業界が変わりそうですので、まずはau WALLETポイントとPontaポイントの統合について紹介したいと思います。

何もしなくてもau WALLETポイントはPontaポイントに

2020年5月下旬にau WALLETポイントがPontaポイントに切り替わりますが、au WALLETポイントを保有している方は、特に何もしなくてもPontaポイントに自動的に切り替わります。

au WALLETポイントのポイント有効期限は4年間。それがPontaポイントに切り替わるタイミングで1年間と有効期限が短くなるので注意しましょう。

ただし、Pontaポイントは最終ポイント加算日またはポイント利用日から1年間の有効期限となるため、Pontaポイントを貯めたり・使ったりしていると、実質無期限のポイントとなります。

しかし、auの契約で獲得できるポイントやauでんきなどの毎月定期的に獲得できるポイントは有効期限延長の対象外。何でこんな複雑なことをするのでしょうか...。

従って、何かアクションを起こさなければPontaポイントの有効期限は切れるため注意が必要です。

auのPontaポイントはどうなる?

もう一点の注意点としては、自動的にPontaポイントに切り替わりますが、自動的に切り替わったau WALLETポイントはauのサービスでしか利用できないPontaポイントとなります。

ローソンのお試し引換券などで利用したいと思っても、そのままでは利用できません。

利用するためにはauIDとPonta会員IDの連携が必要です。この連携方法はまだ発表されていませんが、この連携を行うことで、auで貯めたポイントをローソンなどのPonta加盟店で利用する事ができるようになります。

これは、ソフトバンクでTポイントを貯める時も同じで、ソフトバンクの「My Softbank」などでTカード番号を登録しなければ、ソフトバンクでしか利用できないTポイントとなってしまいます。ソフトバンク利用者でTポイントが貯まっていない方は、すぐにMy SoftbankでTカード番号を登録しましょう。

auIDとPonta会員IDを連携すると、ローソンではスマホ決済サービスのau PAYも利用できるため、Pontaカードを提示して、au PAYで支払うと、ダブルでPontaポイントを貯められるようになるのです。

もちろん、貯まったPontaポイントはローソンのお試し引換券で利用する事もできますので、必ずID連携をしておきましょう。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

au PAYマーケットだけは要注意

楽天ポイントでは期間限定ポイント、Tポイントは期間固定ポイント、dポイントは期間・用途限定ポイントなど、有効期限が短く、さらに利用する場所が決まっているポイントがあります。

Pontaポイントは、この「期間限定ポイント」や「用途限定ポイント」などはなかったのですが、Pontaポイント(au PAYマーケット限定)というポイントが誕生しました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ