無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あなたの眉は大丈夫?プロが教える前髪アリさんがブス見えしちゃうNG眉3選

ヘアスタイル

日本化粧品検定1級、コスメコンシェルジュの元美容部員、藤田あみです。前髪アリさん、眉毛は意識して描いていますか?ちらっと透けて見えるその眉毛、とっても重要ですよ!前髪をチェンジしたら眉毛も髪型に合わせて見直しましょう。今回は前髪アリさんがやってはいけないNG眉3つを教えちゃいます!

1:印象強過ぎ!一直線のストレートな平行眉はNG!

やってはいけない1つ目の眉は、ストレート過ぎる眉。

人は、ストレート=直線=男性的な印象を、カーブ=曲線=女性的な印象をもちます。

前髪をおろす=女性らしく、やわらかな印象を与えます。

それなのにストレートな太眉にしてしまうことで、対極的な男性らしい印象となり、せっかくの女性らしさを打ち消してしまいます。

前髪アリなら、一直線のストレート眉ではなく、ふんわりカーブのある眉が理想です。

2:目の幅より太いくっきり太眉はNG!

やってはいけない2つ目の眉は、太眉。

前髪があることで、額を隠し顔の余白部分を埋めることができます。

顔のパーツが小さく、余白部分の多い人ほど薄い顔立ちに見えるのですが、空白部分が埋まることで、ハッキリした顔立ちに見せるられるんです。

また、前髪で顔の縦幅が短く見えることで、若々しい印象を与えます。

しかし前髪があるにもかかわらず、眉を太くしてしまうと、太い眉に前髪が重なり、くどく、さらに幼い顔立ちに見えてしまいます。

前髪があっても上品な美人顔をつくるなら、最大でも目の幅と1:1、もしくは目の幅の2/3の太さがベストです。

3:髪色とかけ離れた暗さの濃過ぎる眉毛はNG!

やってはいけない3つ目の眉は、暗過ぎる色の眉。

ここ近年眉の色は「髪色より暗くてもオシャレ」な時代になってきました。

ただし、オシャレに見えるのはあくまで髪色より多少暗い眉、です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ