無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼はここを見てる! 「結婚したい女性」と「付き合いたい女性」の違い4つ

付き合っていても、「結婚相手としてはどうかな?」と思ってしまうこともあるでしょう。同様に、男性も「彼女としてはいいけど、奥さんとしてはちょっと……」なんて感じることがあるようです。そこで今回は、「結婚したい女性」と思われる女性の特徴を紹介します。

恋愛・結婚

「生活観」や「金銭感覚」が合う

「結婚」と「恋愛」の一番の違いは、生活を共にできるかどうかという点です。現在は別居婚を選ぶカップルもいますが、基本的には結婚したら毎日一緒に生活する人が多いでしょう。よって、生活スタイルやお金に対する考え方が合わない人とは、なかなか将来を考えられないかも。

また「生活観」や「金銭感覚」が合わないと、どちらかが我慢をしてストレスを溜め続けることにも繋がります。結婚を視野にいれたお付き合いをする場合は、お互いの感覚を理解した上で、きちんと話し合える関係性を作ることが大事ですよ。

最低限の「常識」がある

ちょっと天然が入っていたり、どこか抜けている女性を、可愛らしく思う男性も多いでしょう。とはいえ、あまりにも常識がなさすぎる女性に対しては、さすがに男性も引いてしまうはず。

また、付き合うならまだしも、結婚相手となると、最低限の常識を持った相手でないと、不安要素が大きいかもしれません。

少なくとも、社会常識や、公共マナー・ルールを守るに越したことはありません。

ちゃんと「自立」できている

「結婚したら家族を守る」「一家の大黒柱になる」と考える男性も意外と多いもの。しかし、だからといって、思い切り依存してくるような女性が相手だと、男性は重荷に感じてしまうはず。

全てにおいて彼におんぶに抱っこ状態になってしまうと、彼も「ちょっと俺には無理かも」と腰が引けてしまうかも。

ちゃんと自立できていれば、困ったときこそお互いにサポートし合えるため、一生のパートナーに選びたいと思われるのでしょう。

「愛情」が重すぎない

付き合っているときは、お互いの気持ちをぶつけ合って、ラブラブ度を高めていくのも刺激的でいいでしょう。でも、ずっとそんな状態を続けていくのは難しいですし、愛情が重いと感じ始めたら、男性の気持ちは冷めていくかも。

特に「私のどこが好き?」「どれくらい好き?」など、彼の愛情を確かめるような言動は、息苦しく思われてしまいます。

愛情は感じつつも、程よい距離感を保てる相手だと、自然と信頼も深まっていくので、きっと男性は結婚を意識しやすくなりますよ。

いかがでしたか? 男性にとっても結婚は大きな決心が必要となります。だからこそ、女性の色々な部分をチェックしているでしょう。

自分が結婚を意識しているのなら、ただ「付き合いたい女性」ではなく「結婚したい」と思ってもらえるよう、今回紹介したポイントは抑えてみてくださいね。

©Cavan Images/gettyimages
©Jamie Grill/gettyimages

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ