無料の会員登録をすると
お気に入りができます

それ色気のつもり…? 年下男子とイチャイチャする時に女性が注意すべきこと4つ

年下男性を好きになり、付き合うこともあると思います。可愛いらしくて、つい彼を甘えさせてしまうかもしれません。しかし、その接し方によっては相手を不快にさせてしまう場合も……。では、2人で“イチャイチャする場面”で注意しなければいけないポイントは何なのでしょうか。男性の意見をもとにご紹介します。

恋愛・結婚

説教は避ける

「彼女は5つ歳上なんですが、夜にふたりでじゃれ合っているとき、僕が、“明日は会社に行きたくないな”と言うことがあるんです。もちろん本気ではなく、彼女にかまってほしいだけなんです。
でも、彼女は“人に迷惑をかけちゃダメ”とマジメに言うんです。それがかなり説教くさくて……。ちょっと面倒に思うこともあります」タロウ(仮名)/27歳

甘えるつもりの言葉を真に受けて、本気で説教すると、彼も甘えられなくなってしまいます。彼の発言は寛容に受け止め、冗談交じりに返すと印象もいいはずです。

肌を気にしない

「彼女と部屋にいるときに、彼女の顔をジッと見つめることもあるじゃないですか。そんなとき彼女は、“肌が汚いからヤダヤダ~”と顔を背けるんです。
彼女は30代後半なので、年齢肌を気にしているみたいです。でも、俺は気にしてないし、むしろ避けられると余計気になってしまいます」ケン(仮名)/29歳

男性の肌に対する意識は、正直そこまで高くありません。自分より整っていたらいいな……程度でしょう。それより、イチャイチャの場面で必要以上に避けられるほうが気になるでしょう。自信を持って接してあげてください。

世話を焼きすぎない

「彼女は8歳年上で、結婚の経験もあり、料理が上手いんです。だから、よく家に夕食を作りに来てくれるんですね。そこで、“あ~ん”なんてしながらイチャイチャしてます。
そのとき、僕の口もとについた食べかすを取ったり、こぼしたものを拭き取ったりもしてくれるんだけど……。あまり世話を焼かれると、子どものころの母の面影がチラついてしまい、我に返ることがあります」ヒロ(仮名)/28歳

年下の彼の世話を焼きたくなるのは分かりますが、やりすぎは禁物。母親感が出てしまいます。母親は非常に親しい存在ですが、恋愛感情からはかけ離れてしまいますので、世話焼きはホドホドに。

香水をつけすぎない

「彼女が初めて家に来てくれたときです。張り切っていたんでしょう。キレイな服装で、オシャレをしていました。香水もつけているようでした。
その後彼女を抱きしめたとき、その香水の香りがかなりキツくて……。イチャイチャするのはお風呂に入ってからにしようと思いました」アヤト(仮名)/26歳

あなたの魅力をアップさせる香水も、つけすぎると幻滅される要因に。また、最近は残り香のようなほのかな香りを好む男性が増えているのかもしれませんね。

“年下男子とイチャイチャするときの注意点”をご紹介しました。

年下の男性に対していいところを見せようと努力した結果、かえって裏目に出てしまうことも。相手の年齢は気にせず、同じ目線で接するほうが、いい関係が築けるでしょう。

©Rehulian Yevhen/gettyimages
©PhotoAlto/gettyimages

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ