無料の会員登録をすると
お気に入りができます

イタ見えと今っぽ見えは紙一重!アラサー女子の垢抜けメイクのポイント

こんにちは、RENAです。トレンドメイクをおさえたいけれど、アラサー女子がやったらイタく見えないか心配という方も多いのではないでしょうか。今回は、イタ見えしてしまうメイクとアラサー女子が垢抜けるメイクのポイントをご紹介していきます♡

メイク

NGポイント1:強調しすぎな涙袋

ぷっくりとした涙袋があると、目がぱっちりとしてデカ目効果がありますよね。

涙袋に膨張色のピンクを入れることで、ぷっくりとした涙袋をつくることができますが、やりすぎてしまうとイタ見えメイクに。

涙袋にピンクのグリッターラメを塗ってしまうと、ちょっと前に流行った地雷メイクのよう…。

アラサー女子がこれをやってしまうと、イタく見えてしまいがち。

涙袋に使用するカラーは、グリッターラメではなくパールのピンクベースのベージュを入れることで、イタ見えしないうるツヤなぷっくり涙袋を作ることができます。

NGポイント2:目の下に濃すぎるチーク

小顔効果もあり若見えする、目の下の頬にチークを入れる「目の下チーク」ですが、一歩間違えてしまうと時代遅れの派手メイクに。

目の下にチークを入れると、中央に入れた時よりもチークの印象が強くなるので、青みピンクやビビットピンクよりも肌なじみのいいコーラルやヌーディ系のカラーがおすすめ。

ブラシでチークをふんわりと入れることで、まるでお風呂上がりのような色っぽい頬を演出することができます。

NGポイント3:顔から浮いてるノーズシャドウ

ノーズシャドウを入れると、顔に立体感が出ますよね。

しかし、濃く入れすぎてしまうと顔から浮いて見え、イタく見えてしまいます。ノーズシャドウを自然に入れるポイントは「やりすぎない」こと。

鼻筋全てにノーズシャドウを入れるのは、とても不自然に見えてしまいます。

ノーズシャドウは必ず淡い色を使用し、目の下の窪みに三角に入れるだけに留めましょう。そうすることで、自然に立体的に見せることができます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ