無料の会員登録をすると
お気に入りができます

破局を迎えそう!?…女性約200人に聞いた「2020年の恋愛事情」

激動の2020年、恋愛のスタイルに変化はあったのでしょうか。コロナ禍における、悲喜こもごもな恋愛事情について、20~30代女性の集まるanan総研メンバー約200人にリサーチしました!

恋愛・結婚

【アンアン総研リサーチ】

2020年の恋愛、一斉調査!

おこもり生活で、恋愛に変化はありましたか?

はい 28%
いいえ 72%

今回のアンケートでは、外に出ることが難しいおこもり期間でも、あまり恋愛には影響がなかったという結果に。多くの人が、おこもり期間中も今までと変わらず恋愛を楽しんでいたということなのかも!? では、恋愛に変化があった少数派の人たちは、いったいどのような影響を受けたのでしょうか?

コロナのせいで! 変わってしまった恋愛事情とは?

出会いが減った!

「新しく出会うきっかけがない」(33歳・会社員)

外に出られなくなったので、「偶然の出会い」や「飲み会での出会い」などが一切なくなってしまい、恋がそもそもできなくなった、恋愛へのハードルが上がった、なんてことも。一方で、オンライン飲み会などで新しい恋をGETした人もいるようですよ!

体が触れないと…

「お互い行き来していたのができなくなり、破局を迎えそう」(35歳・その他)

会えなくても、動画付きの通話やSNSで、コミュニケーションは比較的取りやすい時代。しかし、体の触れ合いとなるとそうはいきません。スキンシップを大事にするカップルほど、今回のおこもり中の恋愛は厳しい局面を迎えたのかも!?

恋愛どころじゃなくなった!

「恋愛よりこれから世の中や自分がどうなるかが気になり、昔から連絡を取っていた異性も過去の人という認識になった」(34際・会社員)

先行きが読めない日が続くと、「恋愛どころじゃない!」と考える人も。今まで楽しんでいた恋愛も楽しめなくなってしまうなんて、悲しいですね。

自分を見つめ直す時間に

「今年の出会いは諦めた…」と気を抜いていると、いざ恋愛! となったときにうまくチャンスをつかめない可能性も。こういう時こそ普段の自分を見直し、将来のやってくるであろう、素敵な恋を掴むための準備をしっかりとしておきたいものですね。

©PhotoAlto/Frederic Cirou/Gettyimages
©PhotoAlto/Frederic Cirou/Gettyimages

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ