無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイソーの電気を使わないエコな加湿器 場所を選ばず置ける優れモノだった

100円ショップ・ダイソーではペーパー加湿器が販売されている。その性能を紹介したい。

100yen

各地で気温が低くなり、喉や肌の乾燥が気になることが増えてきたこの頃。乾燥対策として加湿器を利用している人も多いだろう。そんな中、100円ショップのダイソーでは、電気を使わないエコな加湿器が販売されている。

ダイソー

■癒やし系なデザインもツボ

こちらがダイソーで販売されている「ペーパー加湿器」(税込110円)だ。その名の通り紙で作られた加湿器で、何より手頃な価格にも惹かれる。

記者が購入した商品は、トイプードルとブルドッグ、柴犬のイラストがグッとくる、癒やし系なデザイン。簡単に折り曲げることができるよう、比較的柔らかい紙が使用されていた。

関連記事:換気・加湿・暖房が同時にできるエアコンはダイキンだけ 加湿効果を体感してきた

換気・加湿・暖房が同時にできるエアコンはダイキンだけ 加湿効果を体感してきた

■作り方も超簡単

ペーパー加湿器の作り方はいたって簡単。おもて面の折り目に合わせて山折にしていき、端と端をはめ込めるようになっているので、そこを合わせれば、あっという間に加湿器の本体は完成だ。

あとは、水を注いだコップの中にペーパー加湿器を入れるだけ。このまま放置すれば加湿効果を発揮してくれるというから驚きだ。

ペーパー加湿器はコンセントが不要かつ、コップのサイズによっては狭い場所にも置くことができる。今回記者はデスク横に置いてみたところ、かなり収まりの良さを感じに。

■ペーパー加湿器の実力は…?

ペーパー加湿器は、エコで簡単に作れるなど良いところばかりのように感じるが、一方で「本当に紙の加湿器に加湿効果があるのか」というのは非常に気になるところだ。そこでしらべぇ編集部では、ペーパー加湿器を使う前と後で湿度の差を検証してみることに。

検証時の室温は21℃で、6畳ほどの洋室にて検証。ちなみに、ペーパー加湿器を使う前の湿度は約50%だった。その後、記者のデスクの横にペーパー加湿器を設置し、約1時間ほど放置してみた。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ