無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ユニクロ、ヒートテックの新作がスゴすぎて激推し「革命的なアイテム」

ユニクロUから『ヒートテックコットンクルーネックT(長袖)』が販売中。暖かくてオシャレな進化系ヒートテックにびっくり…

ファッション

秋冬シーズンで大活躍するユニクロの「ヒートテック」。極暖、超極暖などのシリーズもあり、暖かいインナーの代表格だ。そんなヒートテックだが、クリストフ・ルメール氏が率いるデザインチームによる「Uniqlo U(ユニクロユー)」から普段着として使える新作が販売されている。

ユニクロ

■ヒートテック「らしくない」色展開

『ヒートテックコットンクルーネックT(長袖)』(税抜1,500円)。カラーは定番のホワイトやブラックの他に、ナチュラルやダークブラウンといったカットソーとして使えるカラーも展開している。

メンズにはマスタードも。レディースはマスタードがないかわりに薄いパープルが展開しており、メンズ、レディースどちらも6色展開。春夏シーズンで大ヒットしたユニクロUの『エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ』(税抜1,500円)が10色展開していることを考えると、今後もカラーが追加されるかもしれない。

関連記事:ユニクロ、本日より待望のヒートテック商品を展開 昨年からの変更点が嬉しすぎる

ユニクロ、本日より待望のヒートテック商品を展開 昨年からの変更点が嬉しすぎる

■裏表の生地に注目

表面はコットンで上質なツヤ感のある見た目だが…

裏面がヒートテック素材。上品なカットソーに見えるが、裏はヒートテックで暖かいという技あり商品だった。普通にカットソーとして使えて、なおかつ暖かい。さらに、世界的デザイナーのクリストフ・ルメール氏の商品がこの価格で買える……まさに「進化したヒートテック」といってよいだろう。

■普段着で使えそう!

身長168cm、体重61kgの男性記者が、Mサイズのナチュラルを着用するとこのような感じ。極暖や超極暖などのインナーと比べると暖かさは劣るが、ジャケットやカーディガンといったアウターと合わせて着ることを考えると、活躍する場面はかなり多いだろう。

ちなみに、気温19℃で外を歩いてみたが、風が吹くと肌寒さは感じるものの、あまり寒さは気にならなかった。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ