無料の会員登録をすると
お気に入りができます

3つ以上当てはまったら「オバさん」確定!気をつけたい40代の[オバサン検定]

ライフスタイル

「若く見えるし美人……、でもやっぱりオバさん!」だと思う瞬間を、25~35歳の女性たちに大調査。うっかりやってしまっていることのオンパレードに少し傷つきながらも、笑いに変えるたくましさが私たちにはありますよね!

ケース1《メール・LINE》

①スマホを遠くに離して操作

「スマホって片手操作が基本だと思っていたけど、パート先のお姉さまたちは画面を遠くに離して、もう片方の手でポチポチ操作。姿勢のよさが、かえって悲しい」(N.Kさん 31歳)

②LINEの一文がやたら長い

「LINEって会話だと思うのですが、子どもの学校の年上ママは、おそらくお手紙感覚。一文のなかにすべてを網羅してくる。すでに自己解決していることも」(O.Kさん 33歳)

③無理して「ぴえん」

「年上のママ友はスタンプがお好き。特に〝ぴえん〟や〝マジ草〟などはスタンプにかかわらず、意味がわかった途端すぐ使う。普通の言葉遣いでよくないですか?」(Y.Mさん28歳)

▼若見えLINEの正解例はこんな感じ!

若者たちは各SNSを用途別に駆使しており、LINEは必要なことだけを簡素に連絡する手段の一つなのだそう。ひと言打ったら、送信。LINE会話にはテンポが必要だそうです。

ケース2《写真の撮り方・撮られ方》

①目を見開く
「なんであんなに目を見開くんだろう……?ポーズに入ってからずっと全身硬直していませんか?」(O.Mさん29歳)まばたきさえ許されないフィルムの名残りは理解されないみたい。

②グラスを手に持つ
「会社の先輩のインスタ。カフェやレストランに行ったときの投稿がほとんどで、大体グラスやデザートを持ち上げてキメ顔。私には毎回同じ写真に見えます……」( K.Rさん30歳)

③フェイスラインを手で隠す
「インスタで40代のママ友の集合写真を見ると、皆で同じポーズ!これ、昔流行ったんですか? 30代でやっている人いません」(H.Sさん34歳)少しでも小顔に見せたい気持ちをわかってほしい……。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ