無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あやふやじゃ勿体ない!メイクが変わるハイライトの入れ方&オススメアイテム

メイク

秋冬もツヤ肌ブームは続きます!

ロカリ世代の大人女子にはツヤ肌がマスト♡

本格的に空気の乾燥が進んできた今日この頃、そんな中でもツヤ肌ブームは継続中。内側から湧き出るような光の滲むツヤ肌は、色気をまといたい大人女子にはマストなメイク方法です。でも、テカリとツヤの違いとは…?

ハイライトは入れ方を間違えるとただのテカリ肌に。ツヤ肌はハイライトを全顔に入れるわけでなく、ピンポイントでなりたいイメージによって入れるんです。あやふやだと勿体ない!そんなハイライトの入れ方を基本からご紹介します。

そもそもハイライトって必要?

YES!入れるだけで全体にメリハリが

lipscosme.com

そもそもハイライトとは、普通にメイクしただけでは生まれないツヤを加え立体感を与えるもの。ハイライトを入れることで光が集まり、ツヤ肌に見えるんです。また、光が集まることでレフ板を当てたように毛穴や小じわを飛ばしてくれます。

lipscosme.com

日々頑張っているロカリ女子のしぼみがちなお疲れ肌も、ハイライトを入れることでパンっとはじけるような肌に。コンプレックスに感じている部分や、様々なお悩みに合わせて是非取り入れてみましょう!

ハイライトの基本はこれだけ!

まずはここだけ覚えちゃおう

lipscosme.com

ハイライトを入れる場所の基本はこの“3つ”
①Tゾーン(立体感を生み出します)
②Cゾーン(シミ・シワをカバーし飛ばしてくれます)
③あご先(小顔効果が期待できます)

ハイライト初心者さんはまずはこの3つのポイントを覚えて、実際に入れてみましょう。まずは少量・狭範囲でチャレンジ!だんだんとどのくらいの広さで入れたらいいか、ハイライターの量はどれくらいか、掴んでいけます。

慣れてきたら応用してみよう♡

応用が利くのもハイライトの面白いところ

lipscosme.com

TゾーンやCゾーンも細分化することで、お悩みやなりたいイメージにより近づくことができるんです。メイク好きさんはTゾーンはお粉タイプ、Cゾーンはバームタイプとハイライターを使い分けていたりもします。

記事に関するお問い合わせ