無料の会員登録をすると
お気に入りができます

言うだけで金運爆上げ! あなたの星座でわかる「金運を上げる」魔法の口癖

お金に恵まれることは、多くの人が望むこと。宝くじに当たることなどはその代表格ですが、金銭に恵まれるためには、仕事や節約への努力だけでではなく、お金の神様に好かれることも必要です。今回は、生まれた星座別に、金運の神様の寵愛を受けるための魔法の口癖をお伝えします。

占い

おひつじ座(3/21~4/19)

自分の世界を強く持って積極的に行動することは、おひつじ座という星座の元に生まれた人にとって最大の開運方法といえます。

人の言うことを聞いているだけではなく、とにかく自分の好きなことを貫きたいという思いを示すべく、「私はやりたいようにやる」という口癖を持つことで、今とは違う収入源をつかむことができるかもしれません。

おうし座(4/20~5/20)

ちょっとしたところでマイペースに行動してしまいがちなあなたは、「時間がもったいない」という言葉を口癖にすることで金運が向上します。

時間を大切にして行動していれば、自然と時間に余裕が生まれて、今まで気づかなかったことに目を向ける機会が増えるはずです。金運の神様があなたにチャンスと発見をくれるでしょう。

ふたご座(5/21~6/21)

楽しく過ごしているうちに、いつの間にか止めどなくおしゃべりをしてしまいがちなあなた。

なんとなく面倒くさいなと思いながらも誘いを断りにくい気持ちもわかりますが、「今日はこの辺で」を口癖にして、意味の薄い会話を短く切り上げることが金運につながりそうです。

人に嫌われたくないと思いすぎず、自分を大切にするとよいでしょう。

かに座(6/22~7/22)

困っている人がいたときに、助けてあげるべきかどうか迷っている暇があるなら積極的に行動すべきです。

「情けは人のためならず」ということわざは、人助けは相手のためではなく自分の幸運のためにするものというのが本来の意味です。

「私に任せて」を口癖にして積極的に人助けをすることが、かに座の金運を伸ばしてくれます。

しし座(7/23~8/22)

どんなときにも自信と誇りを持って堂々とすることは、しし座という星の下に生まれた人に求められている宿命的なものなのかもしれません。

金運をつかむためには、その定めに従うべく、自信満々な態度をとるのが早道です。

「私はすごい」と自分を褒めることを口癖にして、周囲に自信を示すことが金運につながるでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ