無料の会員登録をすると
お気に入りができます

30歳からの新常識♡マスクメイクにも映える「大人の眉メイク」のコツ

メイク

アイブロウは「完成させない」のがコツ

いきなりびっくりするようなコツですが、ここ最近のトレンドは「超自然眉」。ほとんどナチュラルに近い眉が最近のアイメイクとの相性が良いのです。

かと言って何も手を加えないのは×。「いつもの8割くらい」で眉メイクを終えてみてください。

特に大人女子は眉頭と眉尻をしっかり仕上げてしまうと眉描きました感が出てしまい、一気に古い顔になってしまうので気を付けてくださいね!

濃淡グラデはマスト

超ナチュラル眉が流行とはいえ、眉に立体感がなければ顔全体がのっぺりしてしまいます。

また、20代のころよりもアイメイクがナチュラルになった分、顔の印象の弱さが気になる方も多いのではないでしょうか?

そんな悩みを持つ方は眉の形よりもグラデーションを意識してみてください。

眉頭は淡く、眉尻は濃く。眉の形がぼんやりしていても、グラデーションを施すことで立体感のあるトレンド眉になります。

マスク映えを狙うなら「コンシーラー」が鍵

眉の形はくっきり描かない方が良いのですが、マスクをした時や濃いアイメイクをした時、少しもの足りなく感じてしまう方は、眉の周りをコンシーラーでカバーしてみてください。

アイブロウでしっかり眉の形をとってしまうとひと昔前の眉になってしまいますが、コンシーラーで眉の周りをかたどれば、眉はナチュラルのままハッキリとした印象にできます。

濃いリップ×くっきり眉の組み合わせは危険

冬は特にダークなカラーのリップや主張の強い赤リップなどを塗りたくなりますよね。しかし30代で濃いリップにくっきり眉を合わせてしまうと一気にバブリー顔に……!

マスクをしているとついうっかりこの組み合わせをしてしまうので気をつけてくださいね!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ