無料の会員登録をすると
お気に入りができます

品性ゼロ。男性が「彼女にやめてほしい口癖」5つ

恋愛・結婚

普段何気なく口にしてしまっているかもしれないあなたの口癖。でも実は彼からかなりドン引きされているかも知れません。

今回は、働く男性に別れを考えるほど「彼女にやめてほしい口癖」について聞いてみました。

(1)下品な口調

・「『うぜー』とか『うるせー』とか。『うざい』や『うるさい』ならいいけど前者は下品」(26歳/医療・福祉/専門職(金融・不動産・医療・福祉系等))

・「品のないヤンキー口調」(33歳/建設・土木/技術職(設計・エンジニア))

品のない口調は、男性からかなり低評価です。いくら見た目を綺麗にしていても、下品な印象になってしまいます。

(2)ネガティブな言葉

・「疲れた、だるい、などのネガティブな言葉、こちらの気分が落ちる」(29歳/自動車関連/技術職(研究開発、建設・建築・設備工事、その他)))

・「めんどいなどのネガティブな言葉。直す気がないのかなと思ってしまう」(26歳/そ情報・IT/技術職(SE・プログラマー・システム))

ネガティブな言葉は発言する本人だけでなく、周囲の人の気持ちも暗くしてしまいます。疲れたや面倒臭いなど、頭で思っていても、できるだけ口から発さないようにしたいですね。

(3)汚い言葉

・「死ね、などの汚い言葉 気が滅入ってくる」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

・「汚い言葉遣い、特に「死ね」「殺す」などという言葉。聞いていて不快」(33歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

汚い言葉が口癖になってしまっている人も多いのではないでしょうか。でも、大好きな彼女の口からそのような言葉が出ると、彼はドン引きしてしまいます。

(4)気分の萎える言葉

・「つまらんとか連発で言われるとこっちも萎える」(30歳/建設・土木/技術職(研究開発、建設・建築・設備工事、その他))

・「疲れたという口癖。自分と一緒にいるのが楽しくないと思ってしまうし自分もテンションが下がるから」(31歳/建設・土木/技術職(研究開発、建設・建築・設備工事、その他))

周囲の人の気持ちを考えないような口癖は、気分が落ち込んでしまいます。自分に言われた言葉でなくても、彼は自分に言われた気がしているかもしれません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ