無料の会員登録をすると
お気に入りができます

20代メイクのままはイタ見えです!30代女子の「NGアイメイク」

少しでも目を大きく見せるためには欠かせないアイメイクですが、つい20代の頃と同じ方法でやっていませんか?アイメイクもトレンドや年齢に合わせてアップデートが必要です。今回は大人女子がやりがちなNGアイメイクとその解決方法を解説していきます。

メイク

NGアイメイク

NGポイント①:アイシャドウの塗りすぎ

少しでも目を大きく見せようと、アイシャドウをたっぷりと塗り重ねていませんか?特に締め色を幅広く塗ってしまうと目が腫れぼったく見えてしまう原因になります。

NGポイント②:盛りすぎた涙袋

特に若い世代を中心に大人気の涙袋メイク♡でも30代が涙袋を盛りすぎると、若作りに見えてしまいます。

涙袋に大粒のラメを乗せたり、色の薄いアイライナーで不自然に影を作るのはNGです。

NGポイント③:太すぎるアイライン

目を大きく見せるために黒いアイライナーを太く引いてしまうと、抜け感ゼロの垢抜けない仕上がりに。

また、目元が引き締まり過ぎて逆に目が小さく見えてしまうことも。

NGポイント④:マスカラの塗りすぎでひじきまつ毛に

まつ毛を盛るために何回もマスカラを塗り重ねていませんか?マスカラの塗りすぎはまつ毛がダマになるだけではなく、重さでまつげのカールが落ちる原因に。

OKアイメイク

OKポイント①:アイシャドウは透け感発色のものを

透け感発色のアイシャドウは色の調節がしやすいので、テクニック要らず!初心者でも簡単に流行りの『抜け感』メイクを完成させることができます。

締め色はアイラインを引くように、目のキワに細く入れましょう。

最後にアイシャドウブラシで色の境界線をぼかすと、綺麗なグラデーションに仕上がりますよ。

OKポイント②:涙袋にはベージュのアイシャドウを

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ