無料の会員登録をすると
お気に入りができます

老け見えする…顔がキツく見える…第一印象で損しちゃう!NG眉メイク3選

こんにちは!RENAです。眉で顔の印象って変わりますよね。眉毛次第で顔がキツく見えてしまったり、老けて見えてしまったりする…なんてことも。今回はそんなNG眉とともに改善策をご紹介していきたいと思います。

メイク

薄すぎる眉

眉メイクをパウダーのみで仕上げてしまっている方は要注意。薄すぎる眉は顔の印象がぼやけてしまい、シミやクマが目立ちやすく、老けて見えてしまいます。

アイシャドウやマスカラなどのアイメイクはきちんとしているのに、眉毛をパウダーだけで仕上げた薄い眉毛ではバランスが悪くなり、のっぺりとした印象に。

眉尻はアイブロウペンシルで描うことで、眉にメリハリをつけます。

元々眉毛が薄い方は眉尻だけでなく、眉毛の間を埋めるように描いてしっかりと眉毛に色を出しましょう。

眉頭が濃すぎる眉

眉頭をしっかり描きすぎてしまうと、不自然な仕上がりで顔もキツく見えてしまいます。

いかにも「眉毛を描いてます」感が出てしまい、険しく気難しい印象を与えてしまいます。

眉頭から眉尻にかけてだんだんと濃くなるイメージでアイブロウメイクをしたほうが、垢抜けた印象になります。

眉頭を濃く描きすぎてしまったら、スクリューブラシで鼻側の方向にとかしてぼかすと、自然な眉に仕上がります。

鼻筋と一体化した眉

眉頭が鼻筋まではみ出してしまっている眉は、やぼったく見えてしまいがち。

また、お手入れの行き届いてない眉というイメージを与えてしまい、眉毛がとても濃く見えたり、垢抜けない地味な印象に。

眉頭は平行を意識して、はみ出た部分の眉毛はカットすると一気に垢抜けます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ