無料の会員登録をすると
お気に入りができます

他の女と過ごすくらいなら…男の彼女への気持ちが「再燃した瞬間」4選

どんなに愛し合っていても、付き合いが長くなってくると気持ちが薄れてしまうことも。それを、仕方ない……と受け入れてしまっていいものなのでしょうか。その先にあるのは悲しい別れかも……。でも、それを防ぐ方法もあるはず。そこで今回は、“男の彼女への気持ちが再燃する瞬間”を紹介するので、参考にしてください。

文・塚田牧夫

恋愛・結婚

尊敬する人の言葉で

「友だちの結婚式の二次会に参加したときです。彼女とも共通の知り合いだったので一緒に参加していました。するとそこに、僕が大好きな漫画家さんがいたんです。

友だちは出版社に勤めているので、その関係で知り合ったそう。友だちを介して挨拶させてもらったんですが、その方が僕の彼女を『素敵な女性だ』とすごく褒めるんです。

付き合いも長かったし、そんな感情はとっくになくなっていたけど、尊敬する人に言われるとその言葉が胸にスッと入ってきて、彼女のことを見直すようになりました」アユム(仮名)/30歳

恋の仕組みを知った

「恋愛のメカニズムについて説明しているテレビ番組を見たんです。恋愛感情というのは、なんでもホルモンの分泌により起こるものだと言っていました。

でもそのホルモンは、2~3年で出なくなってしまうらしい。すると感情も冷めてしまう。だから、三年ぐらいの周期で別れるカップルが多いとのことでした。

確かに、今まで俺もだいたい三年で別れていました。そう考えると、今の彼女もそろそろ……という時期。

でも、彼女と別れたとしても、また別の女と同じことを繰り返すのだとすると、なんだか面倒臭いなと思いました。“だったら今の彼女がいいや”って気持ちになりましたね」シュウヘイ(仮名)/28歳

縁の深さを感じた

「彼女とは付き合ってもう五年。すれ違うことも多くなり、『少しのあいだ距離を置こう』ってなったんです。

そこで俺は、男友だちと気晴らしに温泉旅行に行くことにしました。向こうでは温泉に入って、近くのお土産屋さんなんかも回って楽しくやってたんです。

そうしたらですよ。そのなかのひとつのお店で彼女に会ったんです。彼女も友だちと温泉旅行に来ていたのでした。そのとき、縁が深いな……と感じましたね。

いい意味で『この子からは逃げられないな』って観念しました」キヨシ(仮名)/31歳

たくましさを見た

「彼女とドライブに行ったときでした。パーキングに車を止めようとしたとき、よそ見してしまったせいで隣の車にぶつけてしまったんです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ