無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今日のアイメイク、なんかイマイチ…?「残念アイメイクあるある」まるっと解決テク

マスク生活で、アイメイクだけはしっかりやるという方も多いのではないでしょうか。今回はアイメイクで気を付けたいポイントをご紹介します。ちょっとしたやり方の違いで仕上がりに大きく差が出ます。目元に注目が行きがちな今、ぜひチェックしてみてくださいね!

メイク

アイシャドウのポイント

アイシャドウの仕上がりがイマイチ決まらない場合、付ける量や付け方に問題があるかもしれません。

アイシャドウブラシを使用している場合、きれいに仕上げるポイントは2つ。

1:粉を落としてから使う

ブラシに粉をたくさん付けすぎてしまうと、ムラになりやすくきれいに仕上げるのが難しいです。

ティッシュや手の甲などで粉を落としてから使うと、ツヤが際立つきれいな仕上がりになります。

2:アイシャドウの仕上げにブラシでなぞる

2色以上アイシャドウを使用したら、粉を落としたブラシで色の境界をぼかすようにすると、グラデーションがきれいに仕上がります。余計な粉が筆に乗り、余分な粉が落ちヨレ防止効果も。

もしアイシャドウブラシがなく、チップや指を使う場合は、濃い色からつけるのがコツです。

2色以上のカラーでグラデーションを作る場合、一番濃い色から重ねていくと、グラデーションを作りやすいです。

ぼかすのも自然にでき、道具なしできれいに仕上がる方法です。

アイラインのポイント

アイラインはしっかり引きすぎると強い印象になりがちのため、塩梅が難しいです。

ポイントは目尻と目頭の二箇所。リキッドもペンシルも同じです。

1:目頭は数ミリ開ける

きちっと囲みすぎた目は重く見えてしまうのでNG。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ