無料の会員登録をすると
お気に入りができます

20代のままだと逆に老け見え!30代女子のNGアイメイク&今っぽアイメイクのコツ

メイク

30代アイメイク4つのNGポイント

1:存在感たっぷりな真っ黒ライナーでフレーム強調

とにかく自分を主張したい20代のメイクでありがちなポイントは、気合を入れすぎて目の周りを真っ黒にしてしまうこと。パーツ1つ1つに手を抜かず、しっかりと存在感を出してしまいがち。

真っ黒ライナーで目の周りのフレームを強調するのはNG。この黒々しい目元は、30代半ば以降の人にありがちな傾向ですが、ひと昔前の古くさい顔に見えてしまいます。

2:ボリューム満点のバッチリまつげ

いかにデカ目に見えるかを競ってきた20代メイク。でも、30代になってまでお人形のようなデカ目の演出は必要ありません。

ボリューム満点のつけまつげや、長すぎるまつげエクステは、誰が見ても一目瞭然の不自然さ。

自まつ毛でさりげない目力のある瞳が30代らしい、こなれ感のある目元が大人の証です。

3:派手な大粒ラメは安っぽく見える

アイメイクにはキラキラのラメが欠かせない!という人も多いでしょう。でも、ラメは可愛いからと大粒のラメをたっぷりつけて似合うのは20代まで。

30代でもラメを乗せたいなら、粒子が細かいものを選びましょう。

4:ブラウングラデはくすんだ目元に

クールな大人っぽい強めメイクが流行した20代の頃には、スモーキーなブラウン3色横グラデーションが多く見られましたね。

でも、30代になってスモーキーなブラウングラデをしてしまうと、カッコイイではなく、ただ目元が疲れて見えてしまうんです。

3色グラデーションも重く見えがち。

30代は温かみのあるメイクで大人の余裕を出しましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ