無料の会員登録をすると
お気に入りができます

インパクト強っ! 究極のオタク皇帝が集めたアートを見てきた

渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催中の『神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展』に行ってきました。好奇心いっぱいのオタク皇帝、ルドルフ2世が主役のこの展覧会では、芸術・科学的なものからキモエロ絵画までさまざまな作品が勢ぞろい。ちょっとアブナイ香りもただよう美の世界をレポートします!

カルチャー

名品&珍品に興奮!

【女子的アートナビ】vol. 98

『神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展』では、神聖ローマ帝国皇帝、ルドルフ2世(1552~1612)が愛した芸術家たちの作品を中心に、同時代のアートや天文機器、貴重な資料などを多数紹介。

プラハやウィーンをはじめとしたヨーロッパ各地の美術館や修道院などから名品や珍品が来日し、華やかでちょっと怪しげな “皇帝のプライベートミュージアム” を体感できる空間になっています。

ルドルフ2世って?

ヨーロッパの名門、ハプスブルク家出身で、神聖ローマ帝国皇帝だったルドルフ2世。さらに、オーストリア大公、ローマ王、ハンガリー王、ボヘミア王という肩書もあり、いかにもすごそうな方なのですが、歴史的な知名度は今ひとつ。

しかも、皇帝としての評価は散々なもので、仕事に興味を示さない・結婚もしない・後継ぎも残さない……というナイナイづくしで “無能” 呼ばわりされ、晩年は弟に実権を奪われたうえ城に幽閉され59歳で死去、とあまりにも切ない最期。ですが、そんなルドルフ2世にもズバ抜けた一面がありました。究極の “オタク” だったのです。

1576年、24歳のときに父の跡を継いで神聖ローマ帝国皇帝になり、1583年にはウィーンからプラハに遷都。そこで広大な領土などから珍しいものや芸術作品を集め、思う存分に自分の好きな世界を作り上げていきます。

美しい絵画や工芸作品はもちろん、異国の珍しい動植物、鉱物や天文学、占星術、当時の最先端科学に関するものまで収集。なかには伝説の動物である一角獣の「ツノ」など、怪しいものも含まれていたようですが、好奇心旺盛なルドルフ2世は、生きた動物も集めてプライベート動物園までつくったそうです。

さらに、芸術家や科学者、錬金術師のパトロンとして文化芸術を保護。プラハ城に華やかでちょっと怪しげな宮廷文化が花開きました。無能呼ばわりされた皇帝も、今では当代随一の趣味人・教養人として評価されているようです。

インパクト強すぎっ!

変わり者だったルドルフ2世の姿を端的に表現したのが、同展のメインヴィジュアルにもなっている作品《ウェルトゥムヌスとしての皇帝ルドルフ2世像》。

こちらのお顔、インパクト強すぎです。描いたのは、皇帝お気に入りの画家、ジュゼッペ・アルチンボルド(1526~1593年)。野菜や植物で構成された奇妙な肖像画で、ふつう、こんなふうに自分の顔を描かれたら気を悪くしそうなものですが、皇帝はご満悦だったとのこと。(やはり、かなりブッ飛んでいる皇帝さんです。)この絵を読み解くには、ローマ神話や当時の情勢、植物のことなどさまざまな知識が必要で、教養人であれば深く理解できて楽しめるそうです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ