無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ミルクティーベージュにする前に読んで!理想のカラーにする方法とは?

ヘアスタイル

ミルクティーベージュとはまろやか、透け感がたまらない色

ミルクティーベージュはまろやかなミルクティーカラーに、髪質を柔らかく見せるベージュカラーをミックスした色。ベージュカラーがミックスされることで、日本人の肌色によくなじみ、明るいトーンでも違和感のない仕上がりになります。日本人の髪色は赤みが強いのですが、ミルクティーベージュにすることで透け感のある外国人の髪色のような発色になるんです。髪質が柔らかく見え、思わず触れたくなるようなモテ髪に。

明るめ、暗め別ミルクティーベージュが似合う人

明るめミルクティーベージュが似合うのはこんな人

ミルクティーベージュといってもトーンによって雰囲気が変わります。トーンはもともと持っている肌色、ファッションテイストをベースに選ぶと失敗しません。まず明るめのミルクティーベージュが似合う人ですが、色白な人や透明感のある肌の人によく似合います。ファッションはふんわり柔らかいパステルカラーの服が合いますよ。どちらかという色素薄めな人に似合う色ですね。アンニュイ女子を目指している人もハイトーンカラーのミルクティーベージュがおすすめです。

Styling:嶋津 花純(hair+resort valentine)

暗めミルクティーベージュが似合うのはこんな人

暗めのミルクティーベージュは、グレーカラーをミックスして染めます。ミルクティーグレージュと呼ばれる色で、明るいトーンにはないくすみ感が出るのが特徴です。ダークトーンですが、ミルクティーベージュなら透け感と柔らかさがあるので重たくなりません。暗めミルクティーベージュは、クール系、大人っぽいファッションが似合う人にぴったり。オフィスや学校がヘアカラーに厳しいという人にもおすすめのカラーです。

Styling:萩原 翔志也(vicca 青山)

ブリーチなしでミルクティーベージュにする方法

ブリーチなしで一発でミルクティーベージュにするのは難しい

カタログにあるようなミルクティーベージュカラーにするには、ブリーチなしで1回のカラーリングで叶えることは難しいです。とくに市販のカラー剤ではベージュカラーが出にくく、思ったとおりの発色になりません。ただし、ブリーチをしなくてもミルクティーベージュカラーにすることはできます。方法は2つあり、数回に分けてミルクティーベージュにする方法と、2回カラーリングをするダブルカラーという方法です。

Styling:萩原 翔志也(vicca 青山)

時間はかかりますが、カラーリングを数回繰り返してミルクティーベージュの髪色に近づけます。日本人の髪は赤みが強いため、1回のカラーでミルクティーベージュにしようとしても、赤みが出て赤茶っぽい発色になってしまうんです。最低でも1.5ヶ月に1回はカラーを重ねて、髪色の赤みが出るのを抑えることでブリーチなしでミルクティーベージュの髪色を作ります。
ただし、この方法はカラーを繰り返すことで髪にダメージがかかります。ブリーチほどではありませんが、ダメージが少ないというわけではありません。この方法でミルクティーベージュにする場合は、日頃のお手入れと定期的にダメージ修復効果があるトリートメントをしましょう。

Styling:西村 康平(HOMIE TOKYO)
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ