無料の会員登録をすると
お気に入りができます

なんとなく描いちゃダメ!垢抜け美人見え眉を作るのに押さえるべきポイント4選

眉は顔のパーツの中でも印象を左右する重要なパーツです。普段、眉メイクをするときになんとなく描いてしまっている方も、基本的な4つのポイントを押さえることで美人度がアップする眉メイクに格上げすることができます。

メイク

POINT①眉の黄金比に従って眉山と眉尻を決める

まずは眉の形の決め方です。

眉山は黒目の外側あたり、眉尻は口角と目尻を結んだ延長線上が眉の黄金比です。

自眉が生えている部分から大きく外れず、眉付近の骨格を意識した眉の形にすると自然な美しい形の眉になります。

もう少し大人っぽい雰囲気にしたい場合は、小鼻と目尻を結んだ延長線上を眉尻にすると、少し長めのエレガントな眉になります。

POINT②目と眉のバランスを意識した形にする

次は眉の太さと形です。

目元とのバランスの良い眉は美人度をアップさせてくれます。

極端な太眉や細眉にせず、目の大きさの3分の2程度の太さのアーチ型にすると、どんなメイクにも合わせやすく美人見えします。

アイブロウペンシルを使用して眉の下側と眉尻側にアウトラインを描いておくと失敗しづらいです。

POINT③眉頭から眉尻にかけて濃淡をつける

続いては眉の濃淡の付け方です。

眉に濃淡を付けてグラデーションにすることで、のっぺりした印象にならず抜け感を出すことができます。

アイブロウパウダーを使用して、眉尻側には濃い色、中間には淡い色、眉頭は薄い部分を埋める程度に留めて最初に描いたアウトラインをぼかします。この時、眉の上側はあまりパウダーを乗せず自眉を生かすと自然です。

POINT④アイブロウマスカラで立体感をプラス

最後はアイブロウマスカラで仕上げます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ