無料の会員登録をすると
お気に入りができます

30歳過ぎたら気をつけて!アラサー女子がやりがちな「NGデカ目メイク」3選

メイク

①キラキララメはポイント使いでナチュ盛り

キラキララメ、かわいいですよね。

ですがまぶた全体など、広範囲に塗りすぎると、ナチュラルメイクが主流の今、野暮ったくなりがち。やりすぎるとイタ見えしてしまっているかもしれません。

おすすめなのが、ベースに使うアイテムをパール感の強いアイシャドウに切り替えること。

比べてみると、ラメシャドウよりパールシャドウのほうが落ち着いた仕上がりなのがわかると思います。

ラメを控えめにしただけで、品のある仕上がりに。

目元のキラキラ感を残したい方は、ラメが極力細かいものを選んで、指でぽんぽんと軽く乗せるようにするとギラギラ感を減らすことができます。

ラメは使うだけで一気に華やかさを足すことができるアイテム。

パーティや女子会など、ここぞ!という場面でまぶたに少しだけ足すのが◎。場面を選んで調整して使うのがおすすめです。

②アイラインは自然な長さがちょうどいい

次にアイライン。

どちらかというとニュアンスアイ風に仕上げるのがトレンドの今、長すぎるアイラインはやや浮いて見えがち。

目尻にポイントを出せる跳ね上げライン、目頭にラインを入れてデカ目になれる目頭切開ラインなどは特に注意が必要です。

おすすめなのは、ペンシル系のアイライナーを使うこと。

ペンシル系のものを使うと、ぼかしやすいためナチュラルに仕上げやすいです。

そして、ラインは太すぎず長すぎずのナチュラル仕上げがイタ見えしないコツ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ