無料の会員登録をすると
お気に入りができます

GWデートで彼とドキドキ…! 非日常を味わえる体験型アート展2選

恋愛・結婚

『ヨシダナギ×NAKED“Sing-Sing!”』

【女子的アートナビ】vol. 107

西武渋谷店の特設会場ではじまったアート展『Sing-Sing!(シン-シン)』では、アフリカを愛する人気フォトグラファー、ヨシダナギさんとクリエイティブカンパニーのNAKEDがコラボ。アフリカなどで撮影されたヨシダさんの写真作品や珍しい民族楽器、さらにネイキッドが演出した幻想的な音と映像が流れるインスタレーションを楽しむことができます。

ヨシダさんが見どころ解説!

このアート展の見どころについて、プレス内覧会でヨシダナギさん(写真右)とネイキッドの竹内沙也香さん(同左)が語ってくれました。まずは、ヨシダさんの写真作品について。

ヨシダさんの写真は色がとても鮮やかなのが特徴ですが、これらの色彩について次のように語りました。

ヨシダさん アフリカとか少数民族の写真は今までドキュメンタリー調の土臭いイメージがあったかと思うのですけど、実際にアフリカに足を運んでみると土臭いだけでなくて日本にはありえない色彩の組み合わせがあって、それがとてもステキで作品に撮りたいと思って今の作風にたどり着きました。できるだけ現地の色を鮮やかに伝えたいと意識しながらいつも写真を撮っています。

民族楽器も楽しめる!

今回の会場では、写真と一緒にアフリカの民族楽器があちこちに展示されていて、来場者が触ったり、自由に音を出したりすることもできます。この展示の楽しみ方について、ヨシダさんは次のように語りました。

ヨシダさん 世界にはたくさんの少数民族や先住民族がいるのですけど、その共通点は生活に音楽があるということと思っています。音楽がはじまると彼らは自然に動きだしたり歌いだしたりして、楽しそうな時間が流れるのです。今回の展示では、映像の色と民族の音楽でより彼らを身近に感じてもらえると思います。視覚だけでなく耳を澄まして楽しんでもらえればと思います。

鮮やかなインスタレーション空間「Sing-Sing」

続いて、展覧会タイトル「Sing-Sing」やインスタレーション作品について、ネイキッドの竹内さんが解説してくれました。

竹内さん Sing-Singというのはもともとパプア・ニューギニアの言葉で、各民族の冠婚葬祭の儀式などで踊る舞や歌のことを指す英語が由来のピジン語です。ネイキッドのインスタレーションを展示するエリアも「Sing-Sing」と名づけ、ヨシダさんの写真をネイキッドとして解釈した世界観が広がっています。

竹内さん 「Sing-Sing」のエリアに置かれたアフリカの楽器を叩くと、その音に反応して映像が出るようになっています。ヨシダさんが見てきたものを体験できるコンセプトで作られているので、来場者の方は自分たちの「Sing-Sing」を作りながら楽しんでいただけたらと思います。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ