無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ずっと同じ描き方のアラサー女子は要注意!オトナ女子のNG眉メイク&解決テク

メイク

1.角度のキツイ眉

角度のキツイ眉だと、怒ってるようにみえてしまい、怖そうな印象になってしまいます。

眉山が三角になってしまっている眉は、クールを通り越して気が強そうな人だと思われてしまうことも。

眉山の下部分を描き足し、急な角度を少しアーチ型にすることによって、キツさが緩和されてやさしげな印象になります。

2.太くて濃すぎる眉

太い眉は彫りが深く見えるのですが、濃すぎるとかえって野暮ったく垢抜けない印象に。

特に眉が均一の濃さだと、いかにも描きました!というような不自然な眉になってしまいます。

グラデーションを意識して描くと、太めの眉でも顔になじむ眉になります。

中央を一番濃く、次に眉尻、眉頭を一番薄くグラデーションをつけると、太い眉でも自然にみえます。

3.細くて薄すぎる眉

ひと昔前に流行った細眉ですが、細くて薄い眉は顔全体がぼやけてみえ、一気に老けた印象に!

パウダーのみで仕上げたような細眉は、目ヂカラも弱く見えてしまいます。

細眉の場合、パウダーだけで仕上げるのではなく、眉下部分はペンシルで描くことによって眉にメリハリが生まれます。

オトナ女子の眉NGメイクをご紹介しましたが、いかがでしたか?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ