無料の会員登録をすると
お気に入りができます

実は“振り向く”のも効果あり…! プロに聞く「夜道のひとり歩き防犯テク」

仕事が夜遅くまでかかり、ひとりで夜道を歩くことがある人は要注意! 怖いニュースはよく耳にするものの「自分は大丈夫」と思っていませんか? 明日は我が身かもしれません。そこで日頃の防犯術と素人でもできる簡単な護身術を、防犯・護身術師おりえさんに教えていただきました!

文・椎原茜

ライフスタイル

夜道を歩くときの防犯術

夜はできるだけ人気(ひとけ)の多い道を通ることは必須。それでも、人が少ない道を歩かなければならない場合もあるかもしれません。そのようなシーンを想定した防犯術をおりえさんに教えていただきました。歩き方、おすすめの服や荷物、犯罪者が嫌うものなど要チェックです!

夜道を歩くときは一定の距離を・歩きスマホなどは避ける

おりえさん 犯罪者は20メートルほど前から目をつけ5~6メートルの地点から襲うことが多いです。夜道に人がいる場合は必ず一定の距離を取るように心がけましょう。歩きスマホやイヤホンで音楽を聴いて歩くのは人の気配を感じづらく、注意が散漫になるのでおすすめしません。スマホ使用者を狙うひったくりも増えています。

歩きやすい靴・動きやすい服を

おりえさん 残業で遅くなるかもしれない日や治安のよくない地域で飲み会があるときなど、あらかじめ帰宅が遅くなりそうな日は、いつもより歩きやすいパンプスにしたり、ストレッチ性のあるスーツや服を選んだりするなどの工夫も防犯になります。

犯罪者が嫌がる音・光・勘を駆使する

おりえさん 犯罪者は音と光を嫌いますので、暗い道を歩く前に、防犯ブザーの準備やスマホの防犯アプリなどを起動させておく、なども対策のひとつとして有効です。そしてもうひとつ、犯罪者は人間の勘もとても嫌がります。『おかしいな』と思ったら振り向くのも、実はとても大切。気がつかれただけでもあきらめる場合がありますので、勇気を出して振り向きましょう。

自分を抜かさせる

おりえさん 背後に不審な人気(ひとけ)がある場合、Uターンをする、もしくは立ち止まり『抜かさせる』ことをおすすめします。スマホの操作や靴ひもを結ぶふりでも構いません。おかしいと思ったら絶対に相手に背中を見せないことを意識してください。立ち止まっても相手がなぜか抜かさない、または抜かしても前方で止まっている場合は『完全に狙われてる』と認識して、必ず移動手段変えるなど何らかの方法を取りましょう。

コンビニに逃げ込むなら通報・家族へ連絡を

おりえさん 夜道で怖い思いをしたときに逃げ場として考えられるのがコンビニエンスストアですが、必ずしも安心ではありません。外から店内が丸見えで出入口がひとつのため、待ち伏せしやすい場所なので、一度目をつけられたら相手は何時間でも隠れて待つ可能性があります。自己判断で大丈夫だとは思わずに、逃げ込んだら通報してもらう、またはタクシーを呼ぶ、家族、知人に迎えに来てもらうなどしてください。また夜にコンビニで立ち読みなどをしている場合も外から狙いを定めやすく、帰り道に後をつけられる格好のターゲットになることがあります。

自転車も注意を

おりえさん 夜道は自転車だからといって安心できません。近年の犯罪では暗闇に潜み、急に出てきて自転車ごと蹴飛ばして倒すといった『相手がケガをして動きが弱ることを前提』とした自転車を専門に狙う悪質なパターンも増えています。また同じ自転車同士で追いかけられる場合もあります。犯罪者は人気のない場所、駐輪場、駐車場や公園の茂みなどに隠れている場合が多いので特に注意を払う、なるべく大きな道を通るなど、歩くときだけではなく自転車に乗っているときでも気を抜かずに行動しましょう。

ひったくりの予防策も

おりえさん ひったくり被害の8割以上は女性です。女性や高齢者は力やスピードが弱いことと、貴重品を1か所のバックに持つ場合が多いので狙われやすいといわれています。特に被害の多い場所は大通りに沿った1本横の裏道です。犯罪者も狙いを定めるときは『奪いやすさ』も吟味します。バッグをたすきがけにする、また建物側に沿って歩き、荷物も建物側に持つなどして被害に遭う確率を減らしましょう。自転車の荷物を狙うひったくりもありますので盗難防止カバーも有効です。

腕をつかまれたり、抱きつかれたりしたら?

防犯対策と共に、万が一のことも考えなければなりません。腕をつかまれたり、抱きつかれたりしたらどうすればいいのでしょうか。

記事に関するお問い合わせ
オリジナルサイトで続きを読む