無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ゆるみを感じさせない体へ。続けるほどに[お腹ほっそり]が叶う簡単習慣

美容

忙しさや日中と朝晩の気温差から自律神経を乱しやすいこれからの季節はむくみなども生じやすく、気がつくとお腹周りのシルエットにゆるみが生じていることも少なくないはず。そんな状態を回避するためにも習慣にしたいのが、自律神経を整えつつお腹周りの引き締め効果を期待できるヨガの簡単ポーズ【ウォーリア1】です。

【ウォーリア1】

体幹やお腹周りの筋肉の強化につながるポーズで、くびれラインや腹筋ライン作りに、さらには下半身の引き締め効果まで期待できます。

(1)直立の姿勢から片脚を思いきり後ろに引いて、後ろ側の脚で姿勢を支えるように足を横向きにする

(2)胸の前で合掌し、合掌したまま頭の真上に来るように腕を引き上げる

(3)前脚のひざを直角に曲げ、ゆっくり3呼吸(約30秒間)キープして元の姿勢に戻る

続けて脚を変えて同様に実践します。なお、期待する効果をきちんと得るためには、ポーズのキープ時に「骨盤を正面に向けること」、「前脚に重心をかけず、後ろ脚をしっかりと踏み込むこと」の2つがポイント。ひざが前に出過ぎて肩が上がってしまう(下写真)ことがないように注意しましょう。

また、腰に少々負荷のかかるポーズですので、「腰を痛めている時は行わない」ようにしてください。

リラックス効果も高い【ウォーリア1】は就寝前などのくつろぎ時間に実践するのがおすすめです。実践し続けることでお腹周りの柔軟性も増していき、姿勢も整っていきます。ぜひ、むくみを予防しつつほっそりとしたお腹周りを実現させるためにも習慣化してみてくださいね。<ヨガ監修:TOMOMI(インストラクター歴3年)>

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ