無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おしゃれのつもりなのに40代が老け見えする!?春のNGコーデ

ファッション

おしゃれのつもりが老け見え!? 春に避けたいNGコーデ

大人の女性のおしゃれで老け見えしやすいポイントはこの3つ!
今回はおしゃれのつもりなのに、実は老け見えしてしまっているかも……という40代の女性が避けたいNGコーデについてご紹介します。コンサバすぎ、色使いが暗すぎ、ユニセックス感が強い、の3点は特に気を付けたいポイントです。ぜひチェックしてみてくださいね!

1. エレガントなコンサバが似合いすぎてミセス風に……

【OKコーデ】色使いの明度を上げて、パンプスではなくフラットシューズにするのもおすすめ 出典:WEAR

気合を入れてきれいめにおしゃれしたつもりが老け見えしてしまう、という残念なケースが「コンサバにまとめすぎて、今っぽい抜け感がない」というパターンです。

20代がコンサバコーデを着ると、いつもより少し大人っぽく見えたり、きちんと感、クラシック感がアップするような印象なのですが、40代の女性が着るとコンサバな雰囲気が世代としてもよく似合うため、ハマりすぎてしまい、逆にミセス感が強まってしまう、というケースも。

例えば、色が黒やネイビー、ベージュ、ヘアメイクもアクセサリーもエレガント系で、洋服もフィットするトップスにタイトスカート、足元はパンプス、という組み合わせだと、上品でエレガント、統一感のあるコーデなのですが、どこか抜け感のある雰囲気がトレンドの今、少しかっちりしすぎているように感じられ、古く見えてしまいます……。

実は、もともときちんと感の強いコンサバコーデを、若く生き生きとした雰囲気に見せるのは難易度が高い、という面もあります。もちろんシーンに合ったコンサバ感は大人の女性に必要ですが、ある程度自由がきく普段のコーデではきれいめにまとめながらも、抜け感のあるポイントを意識して作るのがおすすめです。

特にフィット感のあるトップスにタイトスカート、パンプスはワンセットで着がちですが、例えばトップスのシルエットをゆるめに変える、パンプスではなくフラットシューズ、透け感のある素材で軽さを出す、写真のように春らしいピンクベージュやトレンドの淡いグリーンやブルーを取り入れて明るい雰囲気に、ブランドが目立つバッグよりパイソン柄や巾着バッグなどトレンド感のある小物をプラスする、など少し意識するだけでも抜け感が出るので、ついいつも同じコンサバコーデをしがちな人はトライしてみるのもおすすめです。

2. 辛口なブラックコーデのつもりが顔色が暗くキツい印象に

【OKコーデ】黒や紺、ダークグレーは甘めデザインを選ぶのも手です 出典:WEAR

ずっとブラックが好き、またはネイビー、ダークグレーなど濃い色味が合わせやすく好み、という人は多いですよね。確かにモード系のファッションなどにもこのような色使いが多いですし、お仕事シーンでは「信頼できる印象」「きちんと感があり、落ち着いた印象」を与えられるというメリットもあります。

ただ、オフの場面ではかっこいい系統で辛口にまとめたつもりが、ちょっとキツイ印象に見えたり、怖そうな人に見えてしまうケースも……。また、40代になると、だんだんと肌のくすみも気になる人が多いため、20代の頃はスタイリッシュに着られた黒などのダークカラーが、40代になるとなんとなく顔色が沈んで見えるという声も聞かれます。

そんな時は「ダークカラーは甘めのデザインで取り入れる」のもひとつの方法です。辛口な色味も、甘めなデザインなら柔らかく見せてくれます。写真のように首もとが開いているもの、手首や足首が見えるデザイン、マットすぎず軽やかな素材を選ぶと、40代の女性にもちょうどいいバランスに仕上がるのでおすすめです。

3. 老若男女問わず人気のユニセックス系はダボついて見えるかも

【OKコーデ】ユニセックスなボーダーTも女性らしく着るとおしゃれで生き生きとした雰囲気に 出典:WEAR

仕事に家事に育児に、なにかと忙しい40代の女性。「窮屈な細いパンツはもうはけない」「ヒールは足が痛い」「汚れても目立たない色を着る」「洗える素材を選ぶ」など、見映えよりも機能性や快適さを重視するようになるケースも多いです。

着心地がよく機能的なものを身に着けていると、一日気分よく過ごせますし、それ自体はとてもいいことですよね。ですが、そういったアイテムは、世代や性別を問わず、誰にとっても着心地がよく、機能的に感じられて人気があります。

そのため、そのまま着るだけだと体のラインも出ず、気づけば男性や年配の方とあまり変わらない、ダボッとしたコーデになっていることも……。誰もが着られる定番のユニセックスなデザイン、アウトドア系のデザインは特に要注意です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ