無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「腸」は第二の脳! 今こそ知りたい「美腸」のためのQ&Aをドクターが解説

美容

肌や髪、いきいきとした表情――。目に見える美しさは健康な体があってこそ。「MAQUIA」5月号では、最高の美容法とも言える「内臓美容」にクローズアップ。腸の働きについて、ドクターが解説します。

健康こそが最高の美容法♡

内臓美容100BOOK

腸が弱っているサインは
腹痛と下痢
「不規則な生活やストレスなどにより、腸から発せられるサインは腹痛と下痢が一般的。一時的によく起こる症状のひとつです。ただし、何日も続いたり、我慢できないほどの痛み、便に血が混じるといった場合は受診を」

腸を弱らせるのは
食事や生活習慣
「腸には悪玉菌や善玉菌など様々な菌が棲み着き、腸内のバランスを保っています。しかし、偏った食生活などでそのバランスが崩れたり、不規則な生活習慣によって自律神経が乱れると、腸もダメージを受けることに」

腸はストレスの影響を
受けやすい
「腸の蠕動運動をコントロールしているのは自律神経で、ストレスによって不安や緊張が続くと交感神経が優位な状態に。すると腸が過敏になってけいれんしたような状態になり、便秘や下痢などの不調を引き起こします」

腸内細菌が
ビタミンの合成も行う
「腸内細菌は様々なビタミンを作りますが、なかでもビタミンB2は不足すると肌あれの原因に。ほかにも、エイジングケア成分のポリアミンといった物質を生成する働きも」

腸内細菌に多様性があると
免疫力がアップ
「ウイルスなどから体を守る免疫細胞。その約7割が腸に存在するといわれます。免疫機能を低下させないためには腸内細菌を多様化させ、腸内環境を整えることが重要」

腸内細菌を介して
歯周病菌が全身に
「以前は口腔内の粘膜から歯周病菌や虫歯菌などが全身に回ると考えられていました。しかし、大腸内で腸内細菌を介して全身に回ることも判明。腸の状態は全身に影響するのです」

食物繊維、発酵食品、
多様な食材で腸を元気に
「便のかさを増やして排便を促す食物繊維、腸内環境を整えるビフィズス菌、腸の蠕動運動を活発にするビタミンEなど多くの栄養素を摂ること。バランスのいい食事を心がけて」

下痢をした時には
腸の動きを止めない薬を
「一時的な不調ではなく、細菌感染などの可能性もあるので、市販薬を飲むなら腸の動きを止めない薬を。様子を見ても症状が落ち着かなければ、早めに病院へ」

下痢をしている時は
しっかり水分補給
「便と一緒に水分がたくさん出ているので、脱水症状にならないためにしっかりと水分を摂ることが大切。体内に吸収されやすいスポーツドリンクを少しずつ補給しましょう」

するんとバナナ状の
便が出れば問題なし
「排便のリズムには個人差があるので、するんと快適に出せていれば、サイクルや回数は関係ありません。もし、便が硬くてコロコロしていたり、残便感、スムーズに出ないといった症状があれば、対処して便秘の解消を」

食生活がおならの
ニオイを左右する
「腸内に発生したガスがおなら。食べたものによって変わるため、食物繊維が少なく、肉ばかり食べていると臭くなります。便秘時も腸内環境が悪いため、ニオイが強い傾向に」

Try Exercise!
お腹のマッサージで
腸を刺激して快便に
「場所を選ばない手軽なマッサージ。腸が冷えないよう服の上からか、お風呂で温まっている時にするのがポイント。腸の形や位置をきちんと意識して、便がたまりやすいところを手で刺激しましょう」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ