無料の会員登録をすると
お気に入りができます

美人見え確実♡絶対マスターしたい「平行眉」&さらに垢抜ける「応用眉」の作り方

メイク

1.長さ・太さ・黄金比を確認しよう!

自分の顔と眉を見て、どの位置に眉頭がきて、眉尻はどこまでか・眉頭はどこにしたらいいのか…と、判断することができますか?

眉を描くときに大事になるのは「眉の黄金比」です。自分の顔パーツから眉がどこにあれば良いか見極めることができますよ。

・眉頭は目頭の真上・やや内側

・眉山は眉頭から全体の3分の2の位置

・眉尻は小鼻と目尻を結んだ延長線上

・眉の太さは目の縦幅3分の2程度、細眉が好みでしたら3分の1がおすすめ

さらに表情筋によって眉の動き方も変わってきます。眉丘筋のところに眉山がくるのが望ましいので、一緒に筋肉の動きも確認してみましょう!

眉丘筋の位置に眉山があると笑ったりびっくりしたりと、表情を変えた時でも自然な動きになり違和感がない眉になります。

黄金比プラス自分の筋肉の動きも確認して描いてみましょう。

2.どんなメイクでも似合うベーシック眉

眉の形も様々です。平行眉・アーチ眉・クールな印象の角度のある眉。そして太め細めなど太さでも違いがあります。

それぞれの眉で顔の印象も変わるので、自分のなりたい印象に近づけるのがベストですが、今回はどんなメイクにも似合うナチュラルなふんわり平行眉をご紹介します。

ナチュラルな平行眉はどんなメイクにも似合う万能眉!作り込んだ眉と違い、自分の表情にも馴染みやすいので幅広いメイクと相性が良いですよ。

3.ちょっと描き変えて印象チェンジ

ナチュラルな平行眉の描き方をマスターしたら、ちょっと描き足したり消したりして応用眉を作ってみましょう。

まずは角度のあるクール眉へチェンジ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ