無料の会員登録をすると
お気に入りができます

マスクメイクのブス見え原因は「顔が暗い」こと!プロが教えるくすみを招く3つのNGメイク

メイク

定番の白マスクはくすみ顔に見えやすい

マスクの王道カラーといえば白。真っ白のマスクは顔を明るく見せてくれるかと思いきや、暗くくすんだ印象を与えてしまいがちです。

肌なじみのよいベージュのマスクと比べてみましょう。白マスクよりも明るく血色良く見えて、顔映りの違いがわかりやすいかと思います。

白マスクはどんなシーンでも使いやすくて便利ですが、メイクによっては顔色や肌色が暗く見えてしまいやすいです。

明るくいきいきとした表情を演出できるように、メイクで血色感とツヤを与えましょう。

NG1:「顔全体が暗い」ピンクを仕込んで顔色チェンジ

白マスクをつけると、顔全体が暗く見えたり、クマが目立ったりしやすい方が多いのではないでしょうか。

マスクなしならいつものベースメイクで満足できても、白マスクの日は不満を感じてしまうかもしれません。

明るい表情に仕上げるためには、ファンデーションを塗る前に、顔全体に血色を仕込んでおくとよいでしょう。

血色アップにおすすめのアイテムは、ピンクのコントロールカラー。ファンデーションの前に塗っておくことで、顔色もクマもカモフラージュされます。

ここで使ったのは、江原道の「メイクアップ カラーベース」(SPF25・PA++ 税込4,400円)。ラベンダーピンクは健康的で明るい肌を演出してくれる色です。

NG2:「なんだか冴えない…」アイシャドウはソフトなレッドブラウンで

マスクから見える目元は、なりたい印象を伝える重要なパーツ。とはいえ、カラーメイクは日常的に取り入れにくく、無難なブラウンで済ませたいところです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ