無料の会員登録をすると
お気に入りができます

最近iPhoneに表示される「トラッキングを許可」ってどういう意味?後から設定を変更する方法もご紹介

ライフスタイル

iPhone向けの新システム「iOS 14.5」には、マスクをしたままFaceIDの解除が可能になるなど、魅力的な新機能が追加されましたよね。

iOS 14.5

最新アップデートをすると、「トラッキング」に関するメッセージが突然表示されるようになり、どちらを選択するか迷った経験はありませんか?

そこで今回は、トラッキングの関する新機能と、設定の変更方法などをまとめてご紹介します。

「トラッキングを許可」ってどういう意味なの?

「トラッキング」とは、アプリやWebサイトが、ユーザーの行動を追跡&閲覧データの収集などを行うことです。集められた情報は、ユーザー毎にカスタマイズされた広告表示などのために、利用されるそう。

画像元:Apple

iOS 14.5ではプライバシー保護の観点から、「Appからのトラッキング要求を許可」という機能が追加されました。

今まで自由に行われていたトラッキング行為が、これからはユーザーの判断でアプリ毎に追跡を許可するかどうか、選択可能になったんです。

この機能はアップデート時に、デフォルトで有効となっていますよ。

そのため、追跡機能を利用しているアプリを開くと、トラッキングの許可を求めるメッセージが登場するようになりました。

追跡を許可する場合は〈トラッキングを許可〉をタップ、許可しないままにしておきたい場合は〈キャンセル〉を選択しましょう。

あとから設定を変更するにはどうしたらいいの?

トラッキングの設定を確認、もしくは変更したい場合は、設定アプリにある〈プライバシー〉をタップ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ