無料の会員登録をすると
お気に入りができます

私、押しに弱いの… 男性が「マジ惚れした女性」のLINE4つ

恋愛・結婚

「私、押しに弱いの」

「飲み会で知り合ったある女性を好きになりました。連絡を取るようになったんですが、そんなに頻繁にはできないじゃないですか。それでも、なんとか食事に誘ったんです。
終わったあとに、“また誘ってもいいかな?”というメッセージをLINEで送りました。すると、“嬉しい”と。さらに、“私、押しに弱いの”と送られてきたんです。
“どういうこと!?”と思いますよね。誘って欲しいということなのかと思い、テンションが上がりました」ケイタ(仮名)/30歳

「押しに弱い」と言われたことで、この男性は“押せばなんとかなる”と思い、気合いが入ったのでしょう。そしていつの間にか、相手の女性に夢中になってしまったようです。

「サポートよろしく!」

「職場で会議があったとき、先輩の女性社員と一緒に、これから取り掛かるプロジェクトの説明をすることになりました。僕はそういったことが初めてだったので、あまり自信がなくて……。
そこで前日に、“足を引っ張ったらすいません”と先輩にLINEで連絡をしました。すると、“任せといて”と心強い言葉が返ってきたんです。続けて、“サポートよろしく!”とだけ言われて、カッコいいなと思いました」イッセイ(仮名)/25歳

心細いときに、頼りになる言葉をかけられると安心しますよね。その安心感が、好意につながることも、もちろんあるでしょう。

「考え方が好き」

「以前、男女の友だち6人でごはんを食べていたときのこと。僕は今の世のなかの風潮に対する意見をちょっと言ったんですね。すると、あまり賛同を得られず、むしろ雰囲気が悪くなりました。
そのあと、そこにいた女友だちとLINEでやり取りをしていた際に、雰囲気を悪くしたことについて謝ったんです。すると、“私はいいと思う”と。“考え方が好き”と言ってくれて……。すごく嬉しかったですし、親近感が湧きました」トウマ(仮名)/27歳

誰しも内面を褒められれば嬉しいはず。また、内面を褒められることで、心の距離が縮まったように感じられたのでしょう。上辺ではなく、ちゃんと相手を理解したうえで発した言葉なら、必ず相手の胸に響くでしょう。

「支払いは済ませておいたから」

「僕と男友だちと女友だちの3人で飲みに行ったんですね。ラストオーダーを終えて、女友だちだけ終電があるからと先にお店を出たんです。そのあと、閉店までいた僕と男友だちでお会計をしようとしました。
そのときに通知が来ていたのでLINEを開くと、先に帰った女友だちから“支払いは済ませておいたから”というメッセージが……! 続けて、“先に出て申し訳ない”と言うんです。その気遣いに惹かれましたね」ヨシトキ(仮名)/29歳

男性としては、むしろ女性のぶんも払うつもりだったのでしょう。それが逆に女性に気を遣われてしまったわけですね。その女性の気持ちと行動に、この男性は胸を打たれたのです。

“男性がマジ惚れした女性のLINE”をご紹介しました。

直接会って交わす言葉に比べて、LINE上のメッセージだけでは、真意を掴みにくいこともあるでしょう。だからこそ、言葉の意味をいろいろと考えてしまいます。そうやって言葉の意味に翻弄されているうちに、相手のことが気になって仕方なくなってしまうようです。

©Oana Szekely/gettyimages

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ