無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夢をあきらめない! ダコタ・ファニング主演最新作『500ページの夢の束』

誰もが人生において、叶えたい夢の1つや2つを胸に秘めているもの。とはいえ、新たな一歩を踏み出す勇気が出ないと怖気づいてしまうときもあるのでは? そこで今回オススメしたい映画は、夢に向かって歩き出す少女を描いた物語です。それは……。

カルチャー

応援せずにはいられない感動作『500ページの夢の束』!

【映画、ときどき私】 vol. 187

自閉症を抱え、唯一の肉親である姉とも離れて暮らしているウェンディ。何よりも『スター・トレック』が大好きで、その知識なら誰にも負けないほど。一番の趣味は、自分なりの『スター・トレック』の脚本を書くことだった。

そんなある日、『スター・トレック』の脚本コンテストが開催されることを知ったウェンディは、渾身の1本を書き上げる。しかし、郵送では締切に間に合わないと気がつくと、愛犬ピートとともに、数百キロ離れたハリウッドまで旅に出ることを決意。500ページにもわたる脚本に込めた思いとは……。

本作は新たな世界にチャレンジした経験のある人なら、誰もが自分と重ね合わせ、心の奥が温かくなる感動を味わえる映画ですが、今回は現場での様子や作品に込めた思い、そして自身のことについて、人気ドラマ『アリー my Love』や映画『セッションズ』を手がけたベン・リューイン監督(写真・中央)に語っていただきました。

ダコタとの仕事は自分にとってもベストな経験

―今回ウェンディを演じた元天才子役のダコタ・ファニングは、これまでにないような役柄を見事に演じていますが、彼女と現場をともにしてみてどのように感じましたか?

監督 ダコタとの仕事は、自分が俳優を演出してきたなかでもベストな経験。彼女は数多くの作品に出演しているベテランの女優でもあるから、その経験を発揮してくれたと思うよ。

それから、これはいまの若い俳優の傾向のようだけど、自分の心の中に思いっきり飛び込むことがすぐにできるんだ。そういった俊敏さと柔軟さという2つの要素を生かしてくれたんじゃないかな。それは年を重ねた役者にはなかなかできないことなんだよね。

だから、今回の彼女は技術力と感情にアクセスできる才能とが合わさった素晴らしい演技をしてくれたと思っているよ。それに、現場での振舞いもすばらしくて、「自分はあくまでもチームプレイヤーのひとりなんだ」という意識でいてくれたから、いわゆる「私はスターよ」みたいな素振りは一切見せずにやってくれたんだ。

―ダコタとのやりとりで印象に残っていることはありますか?

監督 ウェンディの日課を撮っているシーンは、けっこうロングテイクだったからすごく思い出に残っているよ。というのも、普通は監督が「カット!」と言って終わらせるんだけど、かなり長いシーンだったから、僕はいびきをかく振りをした。

そしたら、ダコタがケタケタと笑ってくれたんだ。そんなふうに冗談をお互いに言い合いながら、楽しく撮影することができたんだけど、通常の撮影現場というのはみんなかなりストレスを抱えているもの。だから、今回のようにストレスなく楽しくできたというのは、なかなかない経験でもあったね。

―主演女優としても、現場を盛り上げてくれていたのですね。

監督 ダコタは、まだ24歳という若さだけど、ものすごい才能とギフトを持った女優だと僕は思っているよ。今回の映画も、彼女ひとりのエネルギーで見事に担いでくれたと感じているんだ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ