無料の会員登録をすると
お気に入りができます

毛穴もシミもハリもすべてケア。夏の肌悩みに[ビタミンC]は裏切らない!

美容

美白成分としてお馴染みのビタミンC。シミやくすみをケアするだけではなく、毛穴引き締め、ハリUP、さらに紫外線ダメージの予防と、夏のあらゆる肌悩みに効果を発揮するスター成分なんです。そんなビタミンCのマルチな美容パワーを改めておさらい。選ぶべきビタミンC美容液もご紹介します。

▼あわせて読みたい!

コスメコンシェルジュが自ら実践している【ニキビ&毛穴】対策|ドラッグコスメ編

裏切られないためにも、ビタミンCの基本をおさらい!

\教えてくれたのは?/

小西さやかさん

日本化粧品検定協会・代表理事。化粧品開発を経て、化粧品の正しい知識の普及のために当協会を立ち上げる。美容のスペシャリスト・コスメコンシェルジュ、東京農業大学で客員准教授も務める。一児の母。

1.ビタミンCは結局何に効くの?

ビタミンCといえば、メラニンの生成を抑え、血行を促進して肌の代謝を高めることから、シミやくすみを改善する「美白効果」が有名。それ以外にも、肌に対する効果は驚くほど多岐に渡ります。まとめると、
① シミ:メラニン生成を抑え、シミを薄くします。
② ニキビ:過剰な皮脂分泌を抑え、炎症も抑えます。
③ 毛穴:過剰な皮脂分泌を抑えつつ、皮脂の酸化も抑制。毛穴も引き締めます。
④ くすみ:血行を促進し、肌の代謝を高めます。
⑤ シワ、たるみ:コラーゲンの合成を促進して、肌のハリと弾力をアップさせます。
このように、お肌の悩みに対して全方位的に働きかけます。

2.どんなビタミンCを選べばいいの?

スーパー成分”ビタミンC”ですが、化粧品に配合されているものは、「ビタミンC」そのものと、体内の酵素によってビタミンCへ変化して、ビタミンCの作用を発揮する「ビタミンC誘導体」の二つに分かれます。
さらにビタミンC誘導体には、大別して「水溶性即効型」「水溶性持続型」「油溶性」「両親媒性」の4つの種類があります。
両親媒性のものは水にも油にも溶けるので、供給力が300倍、浸透力が100倍というように効果が高く、エイジングケア全般にオススメです。
また、毛穴の開きの改善が目的なら、毛穴の中にも浸透しやすい油溶性を。
美白・ニキビの改善が目的なら、水溶性の速攻型+持続型を組み合わせたものを選ぶと良いでしょう。

3.ビタミンCを使うときに気をつけるべきことは?

マルチな美肌効果が期待できるビタミンCですが、そのままの状態ではすぐに酸化して効果が落ちやすく、肌に浸透しにくいという弱点があります。そのため、安定化と高濃度での配合には高い技術が必要となります。
成分を見て、自分の肌と相性の良いビタミンCを選びましょう。どちらも高濃度のものは効果が高い反面、肌状態によっては刺激となることもあるため、濃度の低い製品から始めて、徐々に高めていくのが安心です。

肌を裏切らない理由がある!夏前に備えておきたいビタミンC美容液5選

フレッシュな2層式で速攻性と高浸透を追求したシーラボ

VC100ダブルリペアセラム 30ml ¥7,700(ドクターシーラボ)

大人気の「VC100」ラインから登場した2層タイプの最強美容液。エナジー溢れるオレンジ色は、高浸透な両親媒性のビタミンC誘導体APPS・水溶性即効型のビタミンC誘導体・ピュアビタミンCの3種から成るエッセンス層で、多角的に肌トラブルにアプローチ。
バリア機能をサポートするセラミドやグルタチオンがたっぷりと詰まった乳液層と振り混ぜて使用することで、肌力を引き出しながらキメの整った透明感きらめく肌へ導きます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ