無料の会員登録をすると
お気に入りができます

顔のイメージは眉で決まる!ヘアメイクが教える「イメージ別!垢抜け眉の作り方」3選

メイク

ヘアメイクの森田玲子です。マスク生活が日常化した今、ますます重要性が高まった眉メイク。TPOに合わせてファッションを変えるのと同じように、その日の予定に合った眉メイクに変えてみるのはいかがでしょう?今回は、今っぽナチュラル眉、正統派美人眉、きりっと見え眉の3パターンの眉メイクをご紹介します。

シーン別!眉メイク術3選

今っぽナチュラル眉

やわらかい印象に見せたい日や、お休みの日におすすめなのが、「今っぽナチュラル眉」。元の毛流れをいかして、「描いてます」感ゼロを目指します。

この眉毛のポイントは

①眉尻はくっきり描かないこと
②毛流れを残してふんわりした質感に仕上げること

使用するのは、アイブロウパウダーと太めの眉ブラシ。ブラシにパウダーを付けたら、一度ティッシュで粉をはらいます。

その後、眉の中央→眉尻→眉頭の順で、色を乗せていきます。この時も「乗せていく」という感覚で、少しずつ自眉に色を足していく程度に。

主役はあくまで自分自身の毛。メイク感を最小限におさえると、表情にやわらかさがでます。

正統派美人眉

続いては、デートシーンや女子会の時におすすめの「正統派美人眉」。芯の強さが現れていながらも、キツく見えない王道の眉メイクです。

この眉毛のポイントは

①眉山は丸みをもたせる
②眉毛の角度がなだらかになるように、眉山の下を塗りつぶすこと

まずは、アイブロウペンシルで眉山を丸く描き、それにあわせて全体の形を整えていきます。眉山に丸みをもたせると、親しみやすい印象をあたえることができます。

今回は、眉毛に角度をつけたくないので、眉山の下をアイブロウパウダーで埋めていきます。

眉尻は、アイブロウペンシルを使って、キレイに整えます。

形は優しく、けれど丁寧に描いた眉毛は、あなたの美人度を大きくアップさせてくれるはず!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ