無料の会員登録をすると
お気に入りができます

そんな使い方があったのか…!新作じゃないのに入手困難?!ダイソー「木のボール」が人気の理由

100yen

タンスなどに入れておくことで消臭効果を発揮してくれるダイソーの「シダーボール」。今、入手困難になるほど注目を集めているんです!その理由は…ある“じゃない”使い方が話題になっているから。一体その使い道とは…?早速詳しくご紹介していきます。

商品情報

商品名:シダーボール
価格:110(税込)
個数:12個入り
販売ショップ:ダイソー

韓国っぽインテリアが作れちゃう♡ダイソー「シダーボール」

今、ダイソーで大人気、入手困難にさえなりつつあるこちらの「シダーボール」。100均マニアの筆者も入手するまでに3軒のダイソーを探して、ようやく見つけることができました!

確かに可愛い消臭材だけれど、入手困難になるほどいいの…?と思いますよね。

実はこちらのシダーボール、本来は消臭目的で使われるアイテムなのですが、今人気の理由は本来の使い方ではない“じゃない”使い道が話題になっているから!

それが、ボンボンキャンドル風オブジェの材料。

ボンボンキャンドルとは、韓国っぽインテリアとして、今話題のアイテム。

まるいキャンドルがブロック型になったインテリアで、とにかく可愛らしいその見た目が注目を集めているんです。

本来はキャンドルでできているものなのですが、シダーボールをキャンドルに見立てて作っても可愛い♡キャンドルとはまた違った温かみのある雰囲気に仕上がります。

これを作るのに必要なシダーボールは、3×3×3=27個。1箱12個入りなので、1ブロック作るのに3つ必要ということで、売り切れも納得です。

実際にボンボンキャンドル風のオブジェを作ってみました!

用意するのは、シダーボール3箱とグルーガン。シダーボールをグルーガンで接着していきます。

今回は、筆者の家にあった色付きのグルーガンでつけましたが、透明のほうが仕上がりが美しいのでおすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ